【推しの子】第98話感想 アクアの選んだ道

【推しの子】

※この記事はネタバレを含みます。

【推しの子】第98話「道を外す」が更新されました!

さあ、やって来ましたね今週が。前回のお話ではあかねちゃんがヤバイ状況になってて発狂しかけていたんですが、今回はその後のお話になります。

せめて命はあってくれと願いながら迎えた今回のお話。早速感想を書いていきましょう。

【推しの子】 | ヤンジャン!|集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
【推しの子】 9 (ヤングジャンプコミックス)
「やっぱルビーには……何か特別なものがあるんだろうな……」 MV撮影の為に訪れた神話の街・高千穂で、ルビーはアイを殺した犯人は2人組だった事を知る。その内1人は、今ものうのうと生きてる事が許せず…自らの手で殺めると復讐を誓う。そして、半年が過ぎ、各々の活動が大きく動き出す“第七章中堅編”始動!! “赤坂アカ×横槍メンゴ...

【推しの子】第98話「道を外す

あかねちゃんの安否

結論から言うと、あかねちゃんは刺されてませんでした!

よかった~~~!!前回の引きからして絶対刺されたと思ってましたから、血まみれのシーンとか警察の捜査シーンとかから始まらなくてよかったです。

まあ、歩道橋の階段から落下してるシーンから始まったので喜べる状況ではないんですけどね…。

でも大丈夫!そこは我らがアクア君が落下直前に助けてくれました。ナイスやでアクア!本当にありがとう!

後ろから迫ってきた不審者らしき人物もただのランニングマンだったようで、前方不注意であかねちゃんにぶつかってしまったことをしっかり謝って去って行きました。

最初はどうなることかと思いましたが、あかねちゃんに怪我はなかったし、ランニングマンは真犯人の手先ではなかったし、あかねちゃんの安否についてはこれで一件落着ですね。

週刊ヤングジャンプ2022年No.47号 【推しの子】第98話より引用

信頼の崩壊

あかねちゃんを二度も助けてくれたアクアはまさしくあかねちゃんのヒーローや!と称賛したいところですが…ちょいと不思議なことがありますねぇ。どうしてアクアはここに居たのでしょうか?

仕事帰り?でなければ学校帰り?いえいえそんなはずはありません。だってこいつ最近まで廃人みたいになってましたよ?それに、「危ない事をするな」なんて、まるであかねちゃんが何をしようとしていたか知っていたみたいじゃあないですか。

ハッと気づいたあかねちゃん。おもむろに鍵に付けていた猫のぬいぐるみのキーホルダーを破きはじめました。そうして猫の中から綿と一緒に出てきたのは、まさかのGPS…。なんと、あかねちゃんの行動は最初から全てアクアに筒抜けだったのです。

なんということだ…これにはあかねちゃんもショックを隠し切れません。しかも、GPSを仕込んだのは「今ガチ」が終わって暫くした頃とのことでしたから、随分前からあかねちゃんの行動は監視されていたんですね…。なお、アクアがあかねちゃんにGPSを仕掛けていた理由は「あかねが真犯人に接触した際に足取りを追えるようにするため」でした。

信じられない事実を知り、アクアを糾弾するあかねちゃん。「一言あればいくらでも協力したのに」という言葉からも悔しさや悲しさが滲み出ています。

しかし、そんなあかねちゃんの言葉をアクアは「嘘だな」と一蹴。GPSのことを知っていたら、あかねちゃんは今日の動きを必ず偽装していたはずだとアクアは言いました。

その証拠を示すように、アクアがあかねちゃんの持っていた白薔薇の花束を足で漁ると、その花束の中から一本のナイフが出てきました…。マジかぁ…。

ナイフのことを暴かれて一気に顔色が曇るあかねちゃん。「相手は人殺しだからもしもの時のために」とあくまでも護身用的なことを言っていましたが、本当のところは何をするつもりだったのか…。

色々と言い訳を重ねようとするあかねちゃんでしたが、そんな彼女にアクアは「もう関わるな」と止めの言葉を投げかけました。

GPSタグは外し、二度とあかねちゃんのプライバシーを侵害するようなことはしない。けれど、アクアが二度とあかねちゃんに関わるようなこともしない

そしてアクアは再度、あかねちゃんに対し「危ない真似はやめろ」と忠告したのでした。

週刊ヤングジャンプ2022年No.47号 【推しの子】第98話より引用

もう戻れない

これまで、アクアを復讐の道から救い出さんと奮闘してきたあかねちゃん。けれども、あかねちゃんではアクアを救うことができませんでした。その事実にあかねちゃんは涙を流しました。

そんなあかねちゃんを置いてアクアは進む。幸せな日々は終わり、もう戻ることのできなくなったアクアは、「カミキヒカル」という人物に向けて再び復讐の道を歩み始めるのでした。

週刊ヤングジャンプ2022年No.47号 【推しの子】第98話より引用

感想/まとめ

あかねちゃんの計画が頓挫し、アクアが再び復讐の道を歩み始めたお話でした。

まずは、あかねちゃんが無事で本当によかった。アイの前例があったのであかねちゃんも刺されたんじゃないかと本気で思っていたのですが、全然違う展開でしたね。前回の感想記事をあかねちゃんが刺された前提で書いていたのが少し恥ずかしい…。けれど、予想が外れてこんなに嬉しいこともありません。とにかく、あかねちゃんの命があってなによりです。

ただまあ、その後はむしろ刺されていた方が幸せだったんじゃないかと思えるような展開になってしまいましたけどね…。

まさかアクアがあかねちゃんにGPSを仕込んでいたとは…。やはりアクアはあかねちゃんを犯人探しに利用するつもりでいて、その考えはビジネスカップルではなくなった後も変わることはなかったんですね。

これにはあかねちゃんは勿論、私もショックを受けました。前回のアクアがあかねちゃんに生き方を委ねるところとか、描写は少なくとも、二人の間には相当な信頼関係ができていたんだなと思い込んでいましたからね。信頼を裏切られた事実は悲しい。

GPSの件で話が終わればあかねちゃんに同情するだけでよかったんですが、あかねちゃんもまたとんでもないことを計画していたようですね。まさか花束の中から抜き身のナイフが出てくるとは…。

あかねちゃん、絶対ヤル気だったでしょ…。私が全部解決するって、そういう解決方法でしたか…。アクアの犯人探しを手伝うくらいならいいんですが、ナイフまで持ち出すのは流石にやりすぎですね。これ、アクアが来てくれなかったらとんでもないことになってたでしょ。GPSどころの騒ぎじゃない。直前でアクアが止めてくれてよかったです。

そして、最終的にはアクアに「もう関わるな」と言われてしまったあかねちゃん。アクアを復讐の道から救い出すことができなかった事実に涙を流す姿を見るとこっちまで泣きたくなってしまいます…。役割的にアクアを救うことはできないんだろうと思ってはいましたけど、ワンチャンあってほしかった…。

アクアのこの一連の行動、GPSの件とか「もう関わるな」発言とか、このクズ野郎ー!とアクアを責めたくもなるのですが、でも、これはきっとアクアなりの優しさと覚悟の結果なんだろうなと思うと責めるに責められない…。

そもそも本当にあかねちゃんを利用することしか考えていなかったのであれば、あかねちゃんが手を汚そうが逆に相手から刺されようが犯人と接触するまで泳がせることもできたはずですし、GPSの件だっていくらでも誤魔化せたはず。しかし、アクアはGPSの事を明かし、関係が崩壊しようともあかねちゃんを止めました。

「もう関わるな」という発言だって、あかねちゃんに危害が及ばないようにするために敢えて突き放すような発言をしたのでしょう。現にお話の最後の方で「これであかねに危害が及ぶことも手を汚させる心配もなくなった」とアクアが心の中で言っていますからね。

GPSの件は残念でしたが、アクアがあかねちゃんのことを好きだというのは本当だったんでしょうね。前回のお話の中で「好きだ」とか「お前に救われていた」とか言っていたのは、きっと本心から出た言葉だったのでしょう(というか、そこまで嘘だったとは思いたくない)。

だからこそ、あかねちゃんを守るためにも、これ以上あかねちゃんを復讐に巻き込むことができなくなった。そのためにGPSの存在をほのめかすような発言をし、敢えてあかねちゃんを突き放すようなことを言ったのだと私は捉えています。加えて、自分が復讐の道から戻ってこられないように退路を断つ意味もあったんでしょうね。

おそらくは、GPSの件がバレなければもっといいやり方があったのかもしれませんが、あかねちゃんはちょっとやそっとの言葉では止まらなかったかもしれませんし、アクアの退路を断つ覚悟も強かったと思うので、結局はこうするしかなかったのかもしれませんね…。

あかねちゃんはアクアを復讐の道から救い出すことはできませんでしたが、アクアが心の奥底で望んでいた「普通の幸せ」をアクアに与えることはできていたはず。少なくとも、「幸せな日々はもう終わり」とアクアが思うくらいにはアクアは幸せを感じていたようです。

大事にしたいのに、大事に想うからこそ突き放す。人間関係って難しいですね…。

さて、あかねちゃんとの関係を断ち、退路を断ったアクアは再び復讐の道を歩み始めました。両目に黒い星が輝いていることから、アクアは相当な覚悟を持って復讐の道に戻ったことが窺えます。「カミキヒカル」という明確な相手に向けて、これからアクアはどのような行動を取るのでしょうか。次の展開が気になりますね。

しかし来週は休載!いつものサイクル休載ですが、またいいところで休載に…。今回は特に、休載明けが待ち遠しいですね。

P.S.

ここまでアクアを擁護するようなことも書きましたが、結局のところアクアはクズですね。

あかねちゃんを犯人探しに利用しようと自分から近づいて、GPSまで仕掛けて、最終的には「もう二度と関わらない」とか、気持ちは察するとはいえ、自分から絡んでおいてそんな身勝手なことはないでしょう。

まあ、こうなった以上騒いでも仕方がないので、クズならクズなりにきっちり復讐のケジメをつけてきてほしいですね。

それにしても、「二度と関わらない」ってことはあかねちゃんの出番はもうなくなっちまうのだろうか…。推しの一人が見られなくなるのは寂しいので、またどこかで登場してくれることを期待しています。

それではまた次回!

単行本最新刊発売中!

【推しの子】 9 (ヤングジャンプコミックス)
「やっぱルビーには……何か特別なものがあるんだろうな……」 MV撮影の為に訪れた神話の街・高千穂で、ルビーはアイを殺した犯人は2人組だった事を知る。その内1人は、今ものうのうと生きてる事が許せず…自らの手で殺めると復讐を誓う。そして、半年が過ぎ、各々の活動が大きく動き出す“第七章中堅編”始動!! “赤坂アカ×横槍メンゴ...

【推しの子】はヤンジャン!アプリやジャンプ+アプリなどで読めます!(ジャンプ+は一週間遅れの更新です)

チケットで無料とか、初回無料とか、結構無料で読めるのでおススメです。

【推しの子】 | ヤンジャン!|集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
[第一話]【推しの子】 - 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+
『かぐや様は告らせたい』連載中の赤坂アカが“2作品同時週刊連載”を開始!横槍メンゴとの豪華タッグで描く舞台は芸能界!![週刊ヤングジャンプでも連載中]

⇐前回のお話                            次のお話⇒

これまでのお話はこちらから

【推しの子】各話一覧
【推しの子】の話数一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1母と子新連載【推しの子】感想!赤坂アカ×横槍メンゴのタッグ結成!12兄と妹 【推しの子】第2話感想 赤子に転生した医師のその後は…13ベビーシッター 【推しの子...

コメント

タイトルとURLをコピーしました