【推しの子】第54話感想 天才同士の意外な関係

【推しの子】

※この記事はネタバレを含みます。

どうも、重平です。

【推しの子】第54話「対立軸」が掲載されました!

前回は、ルビーの稽古場突入作戦(失敗)に、朔夜のナンパ、そしてメルト君と朔夜の確執が描かれました。

53話読了後、ネット上で”メルト君の存在がアクアの演技に影響を与えるのではないか”という意見をお見かけしましたが、とても面白い意見だと思いました。メルト君が今のようになった経緯を考えると、十分あり得そうだなと。

今後のアクアとメルト君の関係に注目ですね。

もしかしたら薔薇が咲くかもしれませんが、その時はかなちゃんが喜ぶだけなのでヨシとしましょう。

さて、今回のお話ですが、53話の次回予告によればかなちゃんとあかねちゃんの意外な関係性が明かされるとのこと。普段いがみ合っている2人にいったいどんな関係性があるというのでしょうか。

そして、明らかにかなちゃんとあかねちゃんの二人がメインになりそうな次回予告に、有馬、黒川両推しを気取っている筆者はこの一週間ずっと楽しみにしておりました。

推し同士が生き生きと活動しているところを見られるだなんて、一ファンとしてこれほど興奮することはありません。

かなちゃんとあかねちゃんが同じコマで動いているところを想像するだけで…なんていうか…その…下品なんですが…フフ…………….

というわけで、さっそく感想を書いていきましょう!

【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス) | 赤坂 アカ, 横槍 メンゴ |本 | 通販 | Amazon
Amazonで赤坂 アカ, 横槍 メンゴの【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。赤坂 アカ, 横槍 メンゴ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
【推しの子】|ヤンジャン!|週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ
週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ「ヤンジャン!」です。話題の最新作から不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!

【推しの子】第54話「対立軸」

衝撃の関係性

開幕早々、睨み合うかなちゃんとあかねちゃん。

おそらくは「東京ブレイド」の稽古場で何度も繰り広げられてきたであろう両者の口喧嘩ですが、今回はいつもと違いました。

口論の最中かなちゃんが取り出した演劇に関する雑誌を見て顔を引きつらせるあかねちゃん。かなちゃんが雑誌のページをめくると、そこには衝撃の事実が書かれていたのでした。

週間ヤングジャンプ2021年No.39号 【推しの子】第54話より引用

意外ッ!それは憧れッ!

なんと、あかねちゃんが演劇を始めたきっかけは、重曹を舐める10秒で泣ける天才子役こと有馬かなちゃんへの憧れからだったのです!

二人の意外な関係性とは、なるほどそうきましたか。

かぐや様の石上とミコちゃんみたいに陰ながら支え合ってるとかかなーと想像していましたが、まさか片方がもう一方のファンだったとは。普段からあれだけいがみ合っていただけにこの関係性には驚きました。

やだも~あかねちゃんてば、これじゃあツンデレじゃあないですか~。

まあデレてはいないんですが、この事実が明らかになった以上、これからあかねちゃんが何を言ってもかなちゃんへはあまり刺さらなくなってしまいますね。あかねちゃんがどれだけ突っかかってこようが、かなちゃんは軽く煽り返すことができてしまうわけですから。

でも、そんな2人の関係性もとても良き。まさにディ・モールトベネ!(非常によしッ!)

それにしても、このかなちゃんとあかねちゃん可愛すぎんか!?

ここから溶けた笑顔で煽り散らかすかなちゃんが可愛すぎますし、恥ずかしさを噛み殺しながらなんとか反撃しようとするあかねちゃんも愛おしくて堪りません!

こんなこと言うと引かれるかもしれないのですが、実は筆者は、推し同士が煽り合っているのを見るが大好きなんですよねぇ(にっこり)。

本当、かなちゃんとあかねちゃんの関係は見ていて飽きませんわ!

どちらが上か

楽屋での煽り合いの後、壇上で稽古を始めたかなちゃんとあかねちゃん。その様子を見ながら、メルト君は隣にいた姫川にある質問を投げかけました。

「有馬と黒川、どっちが優勢か」

この問いは、読者間でも日夜熾烈な論争が繰り広げられている(かどうかは知りませんが)、非常に気になるところなのではないでしょうか。

この質問に対する姫川の答えが実に興味深い。

最終的には「どちらも優劣つけ難いほど上手だ」と言っているのですが、姫川はあかねちゃんの天才的な演技の才能を認めつつ、それでもかなちゃんの方が演技というものに執着が強いと答えたのです。

ふむ、劇団ララライという実力派揃いの劇団の中でなおもトップクラスの活躍をしているあかねちゃんよりも、かなちゃんの方が演技に対する執着が強い、ですか。

ララライで看板張ってる姫川にそう思わせるほどですから、かなちゃんの演技への執着は並々ならぬものでしょう。

かなちゃんの執着が強いからあかねちゃんの演技が劣るというわけではありませんが、今回の舞台のカギは感情演技。トップ俳優よりも強い演技への想いは大きなアドバンテージとなるのではないでしょうか。

かなちゃんの演技への執着が舞台上でどのように表現されるか楽しみですね。

週間ヤングジャンプ2021年No.39号 【推しの子】第54話より引用

そしてここの重曹ちゃんがかっこよすぎる。

あかん、ダメだ。かっこよすぎる。

ダメ、これはダメ、あかんて、マジ、惚れてまうやろーー!!

感想/まとめ

いや~面白かった!

個人的にはこれまでで一番楽しいと感じたお話でした。やっぱり推しが煽り合っているのはいいですねぇ。

普段は誰に対しても控えめなのにかなちゃんに対しては強気になるあかねちゃんが可愛いし、あかねちゃんに対して口の悪さと煽りのレベルが超火力になるかなちゃんも可愛くて堪りません。

二人には仲良くなってほしいとは思いますが、適度に煽り煽られる関係でいほしいです。

そして、実はあかねちゃんはかなちゃんのファンだったことが判明。今のところはかなちゃんが煽りに使う材料にする未来しか想像できませんが、この事実が今後の関係性にどう影響するのか気になりますね。

さて、「東京ブレイド」2.5次元公演に向けて稽古も大詰め。

姫川の口からは、(あかねちゃんよりも)かなちゃんの方が演技に対する執着が強いという評価が語られました。一ページ丸々使っての描写でしたから、かなちゃんの演技への執着は相当なものなのでしょう。

姫川も、髭を剃って眼鏡も外して完全なやる気モードですし、「俺が居るから有馬が勝つ」と言い切った姫川には頼りがいしか感じません。

この凄まじい強キャラ感を出してきた姫川×有馬コンビに、アクア×黒川コンビはどう立ち向かうのでしょうか。

そして、次号はいよいよ「東京ブレイド」の初公演!

一体どんな舞台が繰り広げられるのか、非常にワクワクしております。願わくば、本当にステアラの会場に出向いて生で観劇したいところですね。

それから、この日のために特訓していたアクアの”感情演技”がどれほどの仕上がりになったのか楽しみです。

原作者と脚本家のディスコミュニケーションに始まり、かなちゃんとあかねちゃんの対立などいろいろな想いが絡み合った稽古期間でしたが、その集大成たる「東京ブレイド」公演を心して見届けたいと思います。

来週までの一週間もワクワクが止まりませんぞ~!

P.S.

週間ヤングジャンプ2021年No.40号 【推しの子】第54話より引用

はーいここ重要でーす。テストに出まーす。

それではまた次回!

単行本発売中!

【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス) | 赤坂 アカ, 横槍 メンゴ |本 | 通販 | Amazon
Amazonで赤坂 アカ, 横槍 メンゴの【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。赤坂 アカ, 横槍 メンゴ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

【推しの子】はヤンジャン!アプリやジャンプ+アプリで読めます!(ジャンプ+は一週間遅れの更新です)

チケットで無料とか、初回無料とか、結構無料で読めるのでおススメです。

【推しの子】|ヤンジャン!|週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ
週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ「ヤンジャン!」です。話題の最新作から不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
少年ジャンプ+|人気オリジナル連載が全話無料!の最強WEBマンガ誌
アプリなら『SPY×FAMILY』『怪獣8号』などオリジナル連載が初回全話無料で読める!人気マンガを毎日無料で更新中。WEB発の新作や少年ジャンプの人気作、メディア化した大ヒット作まで充実のラインナップ。面白いマンガを先読みするなら「少年ジャンプ+」。

⇐前回のお話                            次のお話⇒

これまでのお話はこちらから

【推しの子】各話一覧
【推しの子】の話数一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1母と子新連載【推しの子】感想!赤坂アカ×横槍メンゴのタッグ結成!12兄と妹 【推しの子】第2話感想 赤子に転生した医師のその後は…13ベビーシッター 【推しの子...

コメント

タイトルとURLをコピーしました