【推しの子】第99話感想 重曹ちゃんの焦り

【推しの子】

※この記事はネタバレを含みます。

【推しの子】第99話「飲み」が更新されました!

前回は休載だったので一週間ぶりの【推しの子】ですね。

木曜日が祝日だったのでヤンジャンどうなるのかなーと思っていましたが、一日前倒しで水曜日に発売だったんですね。よく見たら前回の【推しの子】の次回予告に日付も書いてあったんですが、全然気づいてませんでした…。

まあそれはさておき、前回からアクアは再び復讐への道を歩み始めてしまいましたね。前回はいろいろと衝撃的なお話でした…。

そんな再び復讐に目覚めたアクアがどのような策略を巡らすのか非常に気になるところですが、今回のお話はアクアではなく重曹ちゃんがメインとなるお話でした。

久しぶりにしっかりと重曹ちゃんが登場してくれたのは嬉しいのですが、何と言うか、また少し不安になるような展開でした…。別に今回のお話で何があったというわけではないんですが、重曹ちゃん大丈夫かなぁ…。

さて、それでは感想を書いていきましょう!

【推しの子】 | ヤンジャン!|集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
【推しの子】 9 (ヤングジャンプコミックス)
「やっぱルビーには……何か特別なものがあるんだろうな……」 MV撮影の為に訪れた神話の街・高千穂で、ルビーはアイを殺した犯人は2人組だった事を知る。その内1人は、今ものうのうと生きてる事が許せず…自らの手で殺めると復讐を誓う。そして、半年が過ぎ、各々の活動が大きく動き出す“第七章中堅編”始動!! “赤坂アカ×横槍メンゴ...

【推しの子】第99話「飲み

B小町に新メンバー加入!?

まさか、このタイミングで新メンバー加入の匂わせが来るとは思いませんでした。

この度B小町のメンバーに誘われたのは吉住未実ちゃん。そう、元テレビ局のADで現在はルビーのマネージャーをしている吉住シュンの妹さんです。

主にVtuberとして活動している未実ですが、最近本来の顔がバレてしまういわゆる”前世バレ”をしてしまったそうで、しかも顔出しでいろいろアウトな発言をしていた動画が発掘されてしまったものですからさあ大変。ネットでは炎上騒ぎとなり、ほとぼりが冷めるまではVtuberとしての活動休止もやむなく、兄の吉住が頭を抱える事態となっていました。

事務所で落ち込む吉住を見て、未実をB小町に加入させたらどうかと提案したのはルビーでした。未実は顔も良いしトークもできるので、顔バレしたならいっそのことB小町に入らないかと吉住兄に提案したのです。

未実がB小町に加入…未実はキライではないですが、B小町に誘われるというのは考えてもいませんでしたね。しかも誘ったのがルビーというのがまた面白い。ルビーは何をもって未実をB小町に誘ったんですかね。未だに闇堕ちルビーの思考はよくわかりません。

しかし、ルビーが誘ったところで未実がB小町に入れるのでしょうか。今のB小町のメンバーは皆アクアが連れて来た女の子たちですから、アクア兄さんに認められないとB小町への加入は難しそうですけどね(笑)。

未実は直接誘われたわけではなく兄から間接的に話を聞く形になりますが、B小町加入の話に未実がどんな反応をするのか気になりますね。

週刊ヤングジャンプ2022年No.49号 【推しの子】第99話より引用

お仕事のために

未実がB小町の新メンバーになるかもしれないという話を事務所で聞いていた重曹ちゃん。ルビーの突飛な発言に驚いていた様子でしたが、重曹ちゃん的には未実のB小町加入はあまり歓迎できることではないようです。

理由としては「キャラが被るから」。言われてみれば、ちょっと毒舌トークもいける枠としてはキャラが被りそうな気もする…。まあでも、重曹ちゃんには未実にはない魅力が沢山あるので、そこまでキャラ被りを意識する必要もないと思うんですけどね。

ただ、重曹ちゃんが悲観的になっている背景には、「(作中では)自分がB小町では一番人気がない」という状況が関係していました。ただでさえ自分は人気がないのに、そこにキャラが被りそうな人が加入してしまっては余計に立つ瀬がないということらしいです。

さらに、ここ最近は役者としての仕事も取れず、アイドルとして仕事がある時はルビーとセットの時だけ。そんな状況に重曹ちゃんは焦りを感じていたようです。

加えて、先日アクアに拒絶されてしまったものですから、重曹ちゃんは自分がアイドルをやっている目的すら見失いかけていました。(アクアの件は本当に可哀想でした…)

そんな重曹ちゃんは焦りからか、苺プロとは別の事務所の先輩の誘いを受けて普段は行かないような飲みに参加していました。

いつもは無視するような誘いに乗った理由、それは飲みの場に「島政則(しままさのり)」という最近話題の映画監督が来ていたからでした。

島政則に気に入られれば仕事が貰えるかもしれない。そんな一縷の望みをかけてシマカン(島政則の略)にアタックを仕掛けた重曹ちゃんは、シマカンとのライン交換までこぎつけることができたのですが…。

なんか重曹ちゃん、シマカンにときめいちゃってませんかねぇ…。まあ、シマカンは自分を重曹ちゃんのファンだと言い、重曹ちゃんの実力を認めるような発言をしていましたから、傷心中の重曹ちゃんにはその言葉が効いてしまったんでしょうね…。

ただ、このシマカンという人は本当に信用していいのだろうか。なんかきな臭い気もしますし、重曹ちゃんがヘンなことに巻き込まれなければいいのですが…。

週刊ヤングジャンプ2022年No.49号 【推しの子】第99話より引用

感想/まとめ

Vtuberの未実がB小町に誘われ、重曹ちゃんが大人の男性に絆されそうになっているお話でした。

いやー、未実がB小町に勧誘されるというのは意外でしたね。加入するかしないかは別として、全く予想していなかっただけに驚かされました。しかも誘ったのがルビーというところがまた新鮮ですね。これまでB小町のスカウトマンはアクアが務めていましたからね。

でも、ルビーが未実をB小町に誘った理由がイマイチよくわかりませんね。闇堕ち前のルビーだったら特に深く考えずに未実を助ける気持ちで誘ったのかなとも思えましたが、今のルビーが純粋に人助けのつもりで困っている人をB小町に勧誘するというのはあまり考えられない気がします。

というか、炎上騒ぎで活動休止に追い込まれている人をアイドルグループに誘うとか、いろんな問題も一緒に持ってきそうな気もするんですが、ルビーはその辺も考えていたのでしょうか。

正直ルビーは何を考えているのかよくわからないところがあるので少し怖いんですが、今は突然勧誘を受けた未実がどんな反応をするのかが気になりますね。

そして、重曹ちゃんは久々にしっかり登場したと思ったら、なにやら胡散臭い飲みの場に参加してしまいましたね。その飲み会で島政則とかいう最近注目されている映画監督と仲良くなって仕事をもらおうとしていたわけですが…重曹ちゃん、本当に大丈夫?

重曹ちゃんを飲みに誘った「アザミマコ」なる先輩もやや意味深な表情をしていましたし、シマカンは自分の事を重曹ちゃんのファンだなどと言っていましたがまだ油断できません。

ていうか、重曹ちゃんがシマカンにときめきかけてますけど、チョロ重はアクアの前だけにしてほしいですね…。今の重曹ちゃんはヘンな男にホイホイついて行かないか少し心配になってしまいます…。シマカンが良識のある良い大人ならいいんですけどね。

さて、物語も新たな展開に入り、次回はついに100話到達!

記念すべき100話を迎える【推しの子】がこれからどんな展開を迎えるのか楽しみですね。

それではまた次回!

単行本最新刊発売中!

【推しの子】 9 (ヤングジャンプコミックス)
「やっぱルビーには……何か特別なものがあるんだろうな……」 MV撮影の為に訪れた神話の街・高千穂で、ルビーはアイを殺した犯人は2人組だった事を知る。その内1人は、今ものうのうと生きてる事が許せず…自らの手で殺めると復讐を誓う。そして、半年が過ぎ、各々の活動が大きく動き出す“第七章中堅編”始動!! “赤坂アカ×横槍メンゴ...

【推しの子】はヤンジャン!アプリやジャンプ+アプリなどで読めます!(ジャンプ+は一週間遅れの更新です)

チケットで無料とか、初回無料とか、結構無料で読めるのでおススメです。

【推しの子】 | ヤンジャン!|集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
[第一話]【推しの子】 - 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+
『かぐや様は告らせたい』連載中の赤坂アカが“2作品同時週刊連載”を開始!横槍メンゴとの豪華タッグで描く舞台は芸能界!![週刊ヤングジャンプでも連載中]

⇐前回のお話                            次のお話⇒

これまでのお話はこちらから

【推しの子】各話一覧
【推しの子】の話数一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1母と子新連載【推しの子】感想!赤坂アカ×横槍メンゴのタッグ結成!12兄と妹 【推しの子】第2話感想 赤子に転生した医師のその後は…13ベビーシッター 【推しの子...

コメント

タイトルとURLをコピーしました