【推しの子】第79話感想 ルビー…

【推しの子】

※この記事はネタバレを含みます。

【推しの子】第79話「役目」が更新されました!

さて、一週間ぶりの【推しの子】です。

前回はアクアがあかねちゃんにキスをするというまさかの展開になりましたね。その後について今回で何か語られるのかと思いきや特にそういった描写はなし。いや気になるやんけ。あの後二人がどうなったのか教えてや。

では今回は何がメインなのかというと、新生「B小町」のMV撮影や、特にルビーについての描写がお話のメインとなりました。

新生「B小町」のアイドル成分を受けてキャッキャウフフできるかと思いきや、これまた衝撃的な展開に…。ホント先の読めない作品ですね。

それでは感想を書いていきましょう!

【推しの子】 7 (ヤングジャンプコミックス)
「俺にとって演じる事は復讐だ」 大人気漫画『東京ブレイド』の2.5次元舞台、本番が開幕!! 幼少時の因縁を元に対立する、かつての天才子役・有馬かなと現『劇団ララライ』エース・黒川あかねは舞台上で自身の演技をぶつけ合う!! そして、“感情演技”の為、自身のトラウマと向き合う星野アクアが辿り着く役者としての生き様とは!? ...
【推しの子】|ヤンジャン!|週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ
週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ「ヤンジャン!」です。話題の最新作から不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!

【推しの子】第79話「役目

MV撮影の外ロケ

雨宮五郎の遺体発見の騒動で大変だった昨夜。しかしそれでもMV撮影は続きます。

ルビーは案の定調子がよくなさそうな(というか目が死んでる)状態で撮影に向かうことになってしまいました。心配です。

外ロケの現場への移動中、車内でMVの外ロケは嫌だと話始めた重曹ちゃん。曰く、外ロケでは冬なのに水着で浜辺を走らされたり、真夏なのにコートとマフラーを付けて走らされたこともあるそうです。たまにそういう話をテレビなどで芸能人さんとかが言っているのを聞きますよね。たぶん本当なんでしょうね…大変そうです。

そんな話をしながら到着した撮影場所は山の中の川辺。冬の川の中でスカートをたくし上げ元気にはしゃぐ重曹ちゃん。キラキラした笑顔がとても可愛らしいです。

からの、撮影が止まった瞬間に寒さに震えながら大急ぎで川から上がる重曹ちゃん。撮影中のキラキラした表情とのギャップが本当に面白い。大変な撮影お疲れ様です!

ルビー…

外ロケ現場へ移動する少し前、ルビーのところに例の謎の少女が接触してきました。

前に登場した時は木の上から意味深な独り言を語るだけでしたが、今回はガッツリ接触してきましたね。相変わらず不思議な雰囲気の女の子です。(あとなんでそんなにカラス連れてるんだ?)

煽るような話し方をする少女を相手にせずにその場から去ろうとするルビー。しかし、ルビーの知りたいことを知っているという少女の言葉に足を止め、ルビーは少女の話を聞くことになりました。

少女が話したのは、五郎が失踪してしまった日の話と、その頃病院の周囲で目撃されていた不審な男達の話でした。当時、大学生くらいの男と中学生くらいの男の二人組が目撃されていたと話す少女。その内の片方は数年後にアイを刺し殺し、自殺した大学生だということがわかっています。

では、もう一人の男は誰なのか?

もう一人の男について尋ねるルビーに対し、少女は「それを探すのが貴方の役目」だと言うだけで、結局もう一人の男については教えてくれませんでした。

ここで少女とルビーの会話は終わり。一番大事なところを教えないとか何しにきたんだこの少女は。ていうかあんたは一体誰なんだ??

そんな少女との会話をMV撮影中に思い返すルビー。自分の母親であり最推しでもあるアイ、そして初恋の相手である五郎、自分の大事な人を二人も奪った犯人が今でものうのうと生きていることにドス黒い感情を抱くルビー。

そして、犯人を見つけ出して「絶対に殺してやる」と心に誓い、ルビーは目に涙を浮かべながら闇堕ちしてしまいました…。

ええ…マジかよ…。今度はルビーが闇堕ちするのかよ…。そりゃあ確かに五郎の遺体発見後のルビーは闇堕ちしないか心配でしたが、まさか犯人絶対殺すマンになってしまうとは…。

そういう裏の顔というか、汚れ仕事はアクアの役目だと思っていたので少し意外でした。ルビーにはいつもキラキラの明るい笑顔を振りまいていてほしかった…。

しかも闇堕ちした瞬間のルビーの目、星が二つになってるんですよね。これまで片目にしかなかった星がアイのように両目に宿るようになったというのは、ルビーの魅力の覚醒を意味しているとも捉えられます。犯人への復讐心で自分の中の才能が覚醒してしまうだなんて、なんとも皮肉なお話ですね。

週刊ヤングジャンプ2022年No.22&23合併号 【推しの子】第79話より引用

アネモネさんの評価

新生「B小町」のMV撮影を監督しているアネモネさん。これまでいろいろなアイドルや芸能人を見てきたであろうアネモネさんから見ても、重曹ちゃんは「推せる」と評価できるようです。

メムさんの場合は顔は良くてもどこか一歩引いていて遠慮を感じてしまい、その分個性などが見えにくくなっているようです。対して、重曹ちゃんは「私を見て」と必死に訴えかけてくるため、「何かする」ができているとアネモネさんは評価しています。

「何かする」というのは、何か凄いことをしてくれるかもしれないとか、自分達を夢中にさせてくれるかもしれないというような「期待」でしょうか?重曹ちゃんの動きからはそういった「何かする」が感じ取れるようです。

また、何かしてる有馬かなは「可愛い」、とアネモネさんは心の中で言っています。流石はアネモネさん、出会ってまだ二日目だというのに、わかってますねぇ!!

そして最後にルビーについてですが、アネモネさんはルビーのことをあまり面白いとは思っていないようです。

顔はダントツで良くてもあまりにもアイドルとして教科書通りというか、まるで誰かの真似をしているみたいだとアネモネさんは感じているようです。なるほど確かにアネモネさんは鋭い目を持っていますね。

しかし、そんなアネモネさんの考えも覚醒したルビーの表情を見た瞬間に吹き飛んだようです。覚醒したルビーを見た瞬間、アネモネさんは何か凄い衝撃を受けたかのような描写がされていましたから、この瞬間にアネモネさんは昨日までのルビーにはなかった何かを感じ取ったのでしょう。果たしてこの時アネモネさんは何を感じたのか、次のお話でのアネモネさんの反応が楽しみです。

週刊ヤングジャンプ2022年No.22&23合併号 【推しの子】第79話より引用

感想/まとめ

はい、ルビーが闇堕ちしたお話でした。

いやー、マジかぁ…。ルビーはいつも周りを明るく照らしてくれる存在だと思っていただけに、これは少しショックです…。今回の五郎遺体発見によるメンタルショックもなんとか乗り越えてくれると信じていたのですが、結局アクアは何もしてくれないし…メンタルを回復するどころかアクアから消えた復讐心が今度はルビーに宿ってしまうだなんて…。

それに、ルビーが覚悟がキマった時のあの表情、目の中に星が二つだなんてまるでアイのようではないですか。そして、そんなルビーの表情を見た瞬間のアネモネさんの反応、この二つの描写からして、おそらくはここでルビーが元々持っていた人を引き付ける才能が開花したのでしょうね。

犯人への復讐心で才能が開花するだなんて、なんとも皮肉な話です。願わくばアイドル活動を通して明るいステージの中で才能が花開いてほしかったですが…復讐に燃えることがルビーがアイドルとして躍進ために必要な過程だとでも言うのでしょうか。

ルビーがこんなことになったのも、あのカラスを連れた意味深な少女が思わせぶりなことを言うからですよ。核心的なところだけぼかして中途半端に意味深なこと言いやがって。そろそろ何者なのか教えてくれないですかねぇ!?

しかし、ルビーに対して「(犯人を見つけるのが)貴方の役目」というのは少し気になる台詞ですね。てっきりそれはアクアの役目だと思っていたのですが、本来は逆だったということでしょうか?あの少女はルビーを闇堕ちさせて一体何がしたいのか、わからないことだらけです。

さて、ルビーが失意の中闇堕ちして犯人に対して復讐心を抱いてしまいましたが、これから一体どうなってしまうのでしょうか。というかアクア!シスコン兄としてこの状況は見過ごしていいのかい?あかねちゃんには悪いけど悠長に恋愛している場合かい?さっさとルビーの元へ駆けつけて救ってやってくれ頼むから!私の太陽を返してくれーー!!!

それではまた次回!

P.S.

今週は合併号なので、来週はヤンジャンが休刊になります。

そういえばもうゴールデンウィークですね。良い休日をお過ごしください。

単行本発売中!

【推しの子】 7 (ヤングジャンプコミックス)
「俺にとって演じる事は復讐だ」 大人気漫画『東京ブレイド』の2.5次元舞台、本番が開幕!! 幼少時の因縁を元に対立する、かつての天才子役・有馬かなと現『劇団ララライ』エース・黒川あかねは舞台上で自身の演技をぶつけ合う!! そして、“感情演技”の為、自身のトラウマと向き合う星野アクアが辿り着く役者としての生き様とは!? ...

【推しの子】はヤンジャン!アプリやジャンプ+アプリなどで読めます!(ジャンプ+は一週間遅れの更新です)

チケットで無料とか、初回無料とか、結構無料で読めるのでおススメです。

【推しの子】|ヤンジャン!|週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ
週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ「ヤンジャン!」です。話題の最新作から不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
[第一話]【推しの子】 - 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+
『かぐや様は告らせたい』連載中の赤坂アカが“2作品同時週刊連載”を開始!横槍メンゴとの豪華タッグで描く舞台は芸能界!![週刊ヤングジャンプでも連載中]

⇐前回のお話                            次のお話⇒

これまでのお話はこちらから

【推しの子】各話一覧
【推しの子】の話数一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1母と子新連載【推しの子】感想!赤坂アカ×横槍メンゴのタッグ結成!12兄と妹 【推しの子】第2話感想 赤子に転生した医師のその後は…13ベビーシッター 【推しの子...

コメント

タイトルとURLをコピーしました