[あやかしトライアングル] 第32話 感想

アニメ・漫画感想/紹介

※この記事はネタバレを含みます。

どうも、重平です。

「あやかしトライアングル」第32話「比良坂命依」の感想です。

新キャラクター

比良坂命依(ひらさかめい)

以下、命依

幕末の時代の妖巫女で、画楽の知り合い。

神社の娘で巨乳。

自分でこしらえた巫女服を着ている。

驚いたときや感嘆したときなどに「うへぇ~」と言うことがある。

「あやかしトライアングル」第32話「比良坂命依

塵塚怪王を撃破した後、祭里たちはかつて怪王が封じられていた場所に赴いた。

怪王を封じていた石は砕けており、画楽は砕けた石を触りながら、「妖巫女は転生を繰り返す・・・」と昔の話を語り始めた。

幕末の時代に絵筆の付喪神として生まれた画楽は当時の人間社会に馴染むことができず、塵塚怪王の下で画現の力を使う盗賊として、怪王の欲する物を集めるだけの妖となっていた。

画楽は自分もいずれ塵塚怪王の芥櫃に収められるのだろうと考えていた。

だがある日、巫女服を着た一人の女性が塵塚怪王を石の中へ封印した。

怪王を石の中へ封印したこの女性こそ、すずの前世の妖巫女「比良坂命依(ひらさかめい)」であった。

怪王を封印した後、命依は画楽に「キミが描くべき世界へ連れて行ってあげる」と手を差し出すが、人間から酷い扱いを受けていた画楽は命依の手を取らなかった。

すると、命依は”オモカゲ”を作り出し、命依本人とオモカゲの2人で画楽を手を引っ張った。

命依は画楽を連れて、海や山を一望できる場所に生えているご神木の下へやって来た。

命依は生まれかわりの記憶を持っているらしく、ご神木の場所を前世に前前世、そのまた前の人生から好きな場所だと画楽に紹介した。

画楽はご神木の場所から見える空や海や山の景色、そして「現世(うつしよ)のすべてが宝物なんだよ」という命依の言葉に心を揺さぶられたのだった。

それから画楽は命依と行動を共にするようになり、命依が人と妖の調和を保つことに努めていることを知った。

ある時、画楽はご神木の場所で命依に「これまでどんな人生を送ってきたのか」と尋ねた。

命依は、これまでのどの人生でも妖と仲良く過ごし、人間からは恐れられてきたと語った。

おそらく千年以上転生を繰り返してきた妖巫女だが、どの人生でも15より長く生きたことはなかったという。

命依ももう16歳。

いつなくなってもおかしくないからと、命依は画楽に自分の絵を描いてほしいと言った。

しかし、画楽は”描いたらお終い”になるような予感に囚われ、命依の絵を描くことはなかった。

その後も命依と画楽は共に楽しい日々を過ごしたが、その年に立て続けに大水害が起きたことで、特別な力を持つ命依は「人柱」として水底に沈められてしまった。

画楽には、命依が人柱になることを止めることができなかった。

命依を失ってから、画楽は命依に恋心を抱いていたことを自覚したのだった。

一連の話を聞いたすずは、「私は命依さんではない」と画楽に言った。

画楽は「すずは命依ではない」と理解しつつも、現世を渡る”妖巫女”なら思い出すかもしれないと考えていた。

だからこそ、画楽は”完成した妖巫女(すず)”の絵を描きたいと思っているのだ。

静かに向き合うすずと画楽。

すずと共に画楽の昔話を聞いていた祭里は、”前世からの因縁の男”に”たかが幼馴染(しかも女)の自分”が勝てるのかと危機感を覚え、小刻みに震えていたのだった。

第3巻発売予定日!

あやかしトライアングル第3巻の発売予定日が漫画内で公表されました!

気になる第3巻の発売予定日は“3月4日(木)”!!

およそ1月後!

発売が待ち遠しいですね!!

感想/まとめ

ついに、画楽と先代妖巫女との過去が明らかになりましたね!

先代妖巫女「比良坂命依」ですが、なんだこの黒髪巨乳美人巫女服少女は!

性格も明るい感じで良い!超可愛い!と、私的にはかなり好印象でした。

しかも単独で塵塚怪王を封印できるほど強いときた。

ていうか、画楽の「うへぇ~」は命依の受け売りだったんですね。

そんな妖巫女の命依さんの発言から、妖巫女は何度も転生を繰り返す「現世を渡る存在」であることが明らかになりました。

しかも、命依はこれまでの人生の記憶を認識できている様子。

それに比べ、すずは前世の記憶などをハッキリ認識できていません。

ご神木の絵を見て涙を流していることから、すずもやはり妖巫女の生まれ変わりとして記憶を引き継いではいるみたいですけどね。

すずと命依にはどういった違いがあるのでしょうか。

すずも妖巫女の力を完全に引き出せるようになれば、命依のようにこれまでの転生の記憶をハッキリと認識できるようになるのでしょうか。

それから、すずの中に居る”髪の長いすず”は、一体いつの妖巫女なのでしょうか。

何となくですが、空き家で現れた”髪の長いすず”は、命依とは雰囲気が違うように感じたんですよね…。

うーむ、過去が明らかになって色々スッキリするかと思いきや、まだまだ気になる事は多いですね…。

妖巫女の転生、画楽の時を超えた想い。

過去が明らかになるにつれ新しい謎も増えますが、ますます面白くなってきましたね!!

それではまた次回!

単行本発売中!

あやかしトライアングル 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) | 矢吹健太朗 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで矢吹健太朗のあやかしトライアングル 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

第3巻発売予定日は3月4日(木)!

☚前回のお話                                 次のお話☞

これまでのお話はこちらから

あやかしトライアングル 各話一覧
あやかしトライアングルの各話一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1祭里とすずと妖矢吹先生の新連載! 第1話感想12オンナトモダチ 第2話感想13納得できない 第3話 感想14幼心の君 第4話 感想15神速の祓忍 第5...

コメント

タイトルとURLをコピーしました