【推しの子】第119話感想 さりなの母親、「天童寺まりな」

【推しの子】

※この記事はネタバレを含みます。

【推しの子】第119話「実母」が更新されました!

前回はついに「15年の嘘」の制作が始動。そして、新たな関係者として広告代理店の「天童寺」という女性も登場しましたね。「天童寺」と言えばそう、ルビーの前世である「天童寺さりな」の母親です。

今回はそんな天童寺母に絡めたお話でした。前回のルビーの様子やさりなの母親が登場したことでそれに絡めたお話をするんだろうなとは思っていましたが、思っていたよりも胸が抉られるような展開になっていて心が辛いです…。母親ってなんだろうね…。

それでは感想を書いていきましょう!

最新話最速配信は「ヤンジャン!」アプリで! | 【推しの子】 | 第一話 | 集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
【推しの子】 11 (ヤングジャンプコミックス)
「子供達の心と人生を壊しながらこの芸能界は回っているの」 アイとゴローを死に追いやった真犯人への怒りを強く抱くルビーは、至る所で亀裂を生みながらも芸能界を駆け上がる。アクアも斉藤壱護との対話で自らの思考の誤りに気付き、復讐心が再燃する事に。...

【推しの子】第119話「実母

骨でカレーを吸う女「天童寺まりな」

前回のお話の最後に登場した、さりなの母親こと「天童寺まりな」さん。

ルビーの前世である「さりな」に全く愛情を注いでおらず、子供を大事にしない酷い親として描かれていた人物がついに登場しました。彼女は一体どういう人間なのかと警戒しながら読み始めたわけですが、意外や意外、カレーを骨髄の骨で吸う愉快な人でした。(いや、骨咥えただけで吸ってないかもしれん)

場所は何処かのイイ感じのカレー屋さん。広告代理店の仕事の一環として人脈を築くために、映画の責任者である鏑木Pや五反田監督と食事をして交流を深めているようです。”お友達”と称して若い女優やモデルの女の子も呼んでおり、鏑木Pと五反田監督はハーレム状態。こういう場に慣れてなさそうな五反田監督はちょっと楽しそうですね。

それにしても、さりなの母親がこんなに愉快な人だったとは。前回の初登場シーンは仕事モードの微笑みを浮かべた無難な表情でしたが、まさか二回目の登場でいきなり骨咥えてるとは思わないじゃないですか(笑)。喋り方もハツラツとしている印象で食事の場では常に笑顔。子供(さりな)を蔑ろにしていた人物とは思えないようなキャラです。

ぶっちゃけ、初対面であれば第一印象は悪くない。さりなの事を知らなけば普通に仲良くなれそうと思ってしまうような雰囲気を纏っています。これは営業系に向いてそう。

しかし、我々読者はさりなの事やルビーの心境を知っています。そうすると、お茶目な雰囲気の天童子母が逆に怖くなってくる…。果たして「天童寺まりな」とは一体どういう人物なのか、掘り下げられていくのが楽しみですね。

週刊ヤングジャンプ2023年No.26 【推しの子】第119話より引用

邂逅

五反田監督ら御一行はカレー屋から場所を移し、今度は隠れ家的なバーへとやってきました。

バーへ移動する直前にアクアと電話でやり取りをする五反田監督。

「プロはいかなる時も酒に吞まれたりしないもんなんだよ」( ー`дー´)キリッ

と言っていた五反田監督ですが、飲み会を存分に楽しんで見事に泥酔あっぱれな醜態を晒していました。そんなこどおじ五反田監督を、迎えに来たアクアはとても冷たい目で見つめていましたとさ。めでたしめでたし。

さて、そんな恥ずかしい大人を連れてさっさと帰ろうとしていたアクアでしたが、そこへ天童寺母が声をかけてきました。最初はアクアも気づいていませんでしたが、連れの女の子たちの会話からこの人物が「天童寺まりな」であることを確信。アクアと天童寺母は出会ってしまいました。

相手がさりなの母親となればアクアもすぐには帰りません。酒の席に着いたアクアはさりなのことを伏せながら、天童寺母にそれとなく家族についての話題を振りました。

そして、家族の話題の流れで天童寺母は一枚の写真を見せてくれました。それはなんとも幸せそうな家族の写真でした。

家族で開かれた母親の誕生日会の写真。夫、娘、息子、そして愛犬に囲まれて笑顔を浮かべる母親。そして、写真を見せた後に言った「子供は元気でいてくれればそれでいいのよ」という台詞。一見すると母親想いの家族と子供想いの母親の非常に幸せな家庭を築いているように見えますが、そこにさりなの姿はありません。

まあ、さりなはもう何年も前に亡くなっていますから写真に写っていないのは当然っちゃ当然なんですけど…なんだろうこの感じ。もしかしてさりなの存在なかったことにされてる…?

子供を想う言葉の裏で、天童寺母はさりなのことをどう思っているのでしょうか。知りたいような知りたくないような、複雑な気持ちです…。

週刊ヤングジャンプ2023年No.26 【推しの子】第119話より引用

ルビーにとって”母親”とは…

アクアが天童寺母と接触している頃、ルビーは台本を読み演技の練習をしていました。事務所で練習してるのか重曹ちゃんも一緒です。

どうやらルビーはアイが母親に捨てられた話をするシーン(?)で詰まってしまっているようです。おそらく、前回のお話でも詰まっていた部分でしょうね。

重曹ちゃんの指摘によると、ここは「子供から逃げた母親の気持ちを理解するシーン」とのこと。「自分を異物と認め、母親から愛されていないと認めるシーン」。加えて、「母親を解放すると共に自分を解放するきっかけになるシーン」であると重曹ちゃんは解説しました。

しかし、いくら説明されてもルビーにはその感情が理解できませんでした。ルビーにとって、親は「心の奥底では絶対に子供を愛するもの」だと考えていました。そのため、”親から愛されていないと認める”という感情がどういうものなのか全く理解できなかったのでした…。

これは…エグイでぇ…。ルビーの考え方が、感情が、辛い…。

印象的なのは、ルビーの瞳の中にいつもの星がないこと。アイが殺された時も五郎の遺体を発見した時でさえ瞳の中に星があったのに、親について語る時のルビーの瞳には星がない。完全な黒目です。

ただの書き忘れでなければ、ルビーの瞳の暗さは心の闇の深さを表しているのでしょう。親に関する話題はルビーの中の深淵に最も近い部分なのかもしれません。

家族関係、親子の愛情に踏み込む話ですからある程度の覚悟はしていましたが、まさかこれほど重いとは…。表現的にルビーも天童寺母もだいぶヤバい気がします。この先の展開は心して挑まないといけなさそうですね…。

週刊ヤングジャンプ2023年No.26 【推しの子】第119話より引用

感想/まとめ

五反田監督がこどおじ化し、アクアが天童寺母と接触。そして、ルビーの親に対する激重感情が垣間見えたお話でした。

つれぇ…つれぇよ…。想像以上の闇の深さに恐怖を抱いてるよ…。

まず、さりなの母親「天童寺まりな」ですが、さりなを蔑ろにしていた過去があるというのに対外的には理想的な家族、子供想いな親をアピールしているのが怖い。見るからに悪人という感じではなく、むしろ良い人そうと思えてしまうことに薄気味悪さを感じます。

アクアとの会話シーンについては正直、(天童寺母からすると)仕事関係で出会った初対面の少年にいきなり娘が昔死んだ話をするか?誕生日写真もアクアが家族についての話題を振ったから見せただけでは?という気がするので、あのシーンだけで天童寺母がサイコな奴だと断定はできないと思っています(というかなるべくしたくありません)。

ただ、さりなを自分達から引き離して死に際にも立ち会わなかった過去があるのと、アクアとの会話シーンの表現的に絶対よくない意味が込められてると思うんですよね…。

それから、天童寺母の「子供は健康でいてくれればそれでいい」という台詞。普通に聞けば子供を大切に想ってる母親なんだなと感じますが、さりなに愛情を注がなかった背景を知っていると「じゃあ健康じゃない子供はいらないってこと?」なんて邪推してしまいます。

あと、天童寺母の写真にはさりな以外の息子と娘が映っていましたね。さりなには姉弟がいたようです。ぱっと見、20歳前後くらいに見えますが何歳くらいなんでしょうか。

アイが16歳でアクア達を生んでから17、8年経っているので、アイと同年代のさりなも生きていれば30代半ばくらいになっていたと思います。天童寺の子供二人は30歳より若く見えるので、さりなの妹と弟になるのかな?

誕生会の様子からして、二人の子供は母親のことが大好きなんだろうなってのが伝わってきますね。おそらく愛情をしっかり受けて育ってきたのでしょう。ただ、いくら愛情を受けて育ったといっても、自分の親が子供を選別して愛情を注ぐような人だと知っていたらあんな風に誕生日を祝えるものでしょうか?なんとなくですが、あの二人の子供はさりなのことをそもそも知らないんじゃないかなと私は思います。

さりながずっと入院していたから会う機会がなかったのか、それともさりなが亡くなった後に生まれたのか、なんにせよ、さりなの事と親のしたことを知っていたらあんなに幸せオーラを感じる誕生会は開けなかっただろうなと思います。

まあ、家族全員さりなのことを覚えていて、亡くなってしまった悲しみを乗り越えて今があるとかならまだわかる気もしますが…話の持っていき方的にそんな美談みたいな話はないんだろうな…。

身体の不自由なさりなは遠くの病院に閉じ込められ、その分健康な姉弟たちが親の愛情を享受するだなんて、なんとも残酷なお話です。まあ、これ私の妄想なので真実は全然違うかもしれないんですけど、作中で天童寺家の関係性について明言してほしいようなしてほしくないような、何とも言えない気持ちです…。

そして、ルビー(さりな)は親に対してあまりにも歪んだ願望を抱いていました。表面上はどんな態度をとっていようとも、「心の奥底では親は絶対に子供を愛するもの」と考えているだなんて…。長い入院生活と親の愛情を受けられなかった日々はさりなの心を大きく歪めてしまったようです。

さりなが何歳から入院していたのかはわかりませんが、12歳までの人生の殆どを病室で過ごしているほどですからずっと幼い頃から入院していたのでしょう。その間ずっと親の愛情を受けられないというのは、幼いさりなにとっては大変辛かったことでしょう。

さりなはずっと親の愛情に飢えていました。さりなの「親は絶対に子供を愛するもの」という考え方はおそらく防衛本能によるものでしょう。「自分は絶対に愛されている」と信じ続けなければ、過酷な入院生活で心を保てなかったのだと思います。

これは…さりなを取り巻く家族事情は相当闇が深そうですね…。「家族」や「親子愛」に絡めて重いテーマが来るんだろうなと多少構えてはいましたが、ここまで重たい話だとは…。確かに【推しの子】は”愛”もテーマの一つですが、こんなところまで切り込むんですね。

ルビー(さりな)と天童寺母との関係について知りたいような知りたくないような複雑な気持ちですが、ストーリー的に避けては通れない道である以上、ルビーにはこの局面をなんとか乗り越えてほしいですね。

しかし、これは非常に繊細な問題です。天童寺母をただ懲らしめるだけではルビーの救済にはなりません。むしろ、下手を打ってしまうとルビーの心を壊してしまうおそれがあります。天童寺母にアクションを取りつつルビーの心のケアも必要になってくると思いますが、一体誰ならルビーの心を救えるというのか…。やっぱり、ここはアクア兄さんの出番ですかね。もう前世バラして仲直りしようぜ。

この先の展開を想像すると少し気分が重くなってきますが、この難しい問題を作者様方がどう描くのかには興味があります。現実でも起こり得る毒親の問題を作品の中でどのように描き、着地させるのか。そして、ここからルビー(さりな)をどう救済するのか。ルビーがまた笑顔で活躍してくれる未来に期待を抱きつつ、今後のお話も読み進めていこうと思います。

さて、続きが気になるところではありますが、来週の【推しの子】は休載です。いつものサイクルですかね。休載明けにルビーが救済されることを祈りつつ、次の更新を待つことといたしましょう。

主題歌「アイドル」の英語版!?

あらやだ聴きました奥さん!?YOASOBIさんの「アイドル」のEnglish Verが公開されたんですってよ!!

日本語とは異なる言語で「アイドル」が聴けるだなんて新鮮!当方最近英語に興味出てきたから嬉しい。そういえば【推しの子】って英語版のTwitter公式もありますが、最初から英語圏も意識してメディア展開しているのは凄いですよね。

英語の歌詞なのに日本語に聞こえるように歌われている個所もあって表現の仕方も面白い。これは一聴の価値ありですよ!

YOASOBI / Idol (「アイドル」English Ver. )
Streaming & Download : : Ayase ( : ikura (

それではまた次回!

単行本発売中!

【推しの子】 11 (ヤングジャンプコミックス)
「子供達の心と人生を壊しながらこの芸能界は回っているの」 アイとゴローを死に追いやった真犯人への怒りを強く抱くルビーは、至る所で亀裂を生みながらも芸能界を駆け上がる。アクアも斉藤壱護との対話で自らの思考の誤りに気付き、復讐心が再燃する事に。...

【推しの子】はヤンジャン!アプリやジャンプ+アプリなどで読めます!(ジャンプ+は一週間遅れの更新です)

チケットで無料とか、初回無料とか、結構無料で読めるのでおススメです。

最新話最速配信は「ヤンジャン!」アプリで! | 【推しの子】 | 第一話 | 集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
[第一話]【推しの子】 - 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+
毎週水曜日TOKYO MX他にてTVアニメ放送中!『かぐや様は告らせたい』の赤坂アカが横槍メンゴとの豪華タッグで描く舞台は芸能界!![週刊ヤングジャンプでも連載中]

アニメ【推しの子】放送開始!!主題歌の「アイドル」とメムさんの動画とぴえヨンブートダンスも是非!!!(推したい動画が多すぎる!)

アニメ『【推しの子】』公式サイト
「この芸能界において嘘は武器だ」赤坂アカ×横槍メンゴの豪華タッグが全く新しい切り口で”芸能界”を描く衝撃作、ついにアニメ化決定!
YOASOBI「アイドル」 Official Music Video
Streaming & Download : : Ayase ( : ikura ( Cho...
【初登場】初めまして!MEMちょです!【TVアニメ【推しの子】2023年4月より放送開始】
【推しの子】に登場する人気ユーチューバーMEMちょがYouTube【推しの子】チャンネルに登場。自己紹介動画を公開!TVアニメ【推しの子】宣伝隊長として今後も活動予定!やってほしいことやメッセージなどを是非下記のメッセージフォームよりご投稿...
【1時間耐久】TVアニメ『【推しの子】』/「ぴえヨンブートダンス」ダンス映像
ピヨピヨピヨ~! ぴえヨンちゃんねる~!さあ、ぴえヨンブートダンス(耐久)、はじまるよー!「ぴえヨンブートダンス」1コーラスバージョンはこちら→振付・ダンサー:Sho from YZ Entertainment.✦MUSIC✦「...

⇐前回のお話                            次のお話⇒

これまでのお話はこちらから

【推しの子】各話一覧
【推しの子】の話数一覧です。 話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1母と子新連載【推しの子】感想!赤坂アカ×横槍メンゴのタッグ結成!12兄と妹 【推しの子】第2話感想 赤子に転生した医師のその後は…13ベビーシッター 【推しの子】第3話...

コメント

  1. TGLLC#★! より:

    天童寺まりなじゃないですか?漢字間違ってる
    アクアこれは多分怒り通り越して呆れているって感じだな!

    • 重平 重平 より:

      TGLLC#!さん、ありがとうございます!
      ホンマや「寺」や!なんで気付かなかったんやろ。
      他の記事も直しときます!ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました