[あやかしトライアングル] 第31話 感想

アニメ・漫画感想/紹介

※この記事はネタバレを含みます。

どうも、重平です。

「あやかしトライアングル」第31話「塵塚怪王」の感想です。

「あやかしトライアングル」第31話「塵塚怪王

祭里たちの前に突如現れた妖「塵塚怪王(ちりづかかいおう)」。

怪王の出現に合わせ、画楽はすずを掴み上げたまま離さない。

祭里は画楽の行動に怒りながらも、目の前の塵塚怪王に風の術で攻撃を仕掛ける。

しかし、怪王もまた風を操り、祭里の術は飲み込まれてしまう。

祭里はそのまま全てを腐らせる風の攻撃を受けてしまい、祓忍装束がボロボロになり、体は焼けるような痛みでロクに動けなくなってしまった。

そんな祭里を前に、怪王は自身の妖力を高めるための妖具「芥櫃(あくたびつ)」を取り出し、その箱の中に祭里を吸い込もうとした。

祭里は吸い込まれる瞬間を狙って怪王を攻撃しようと考えたが、突然、芥櫃がタコの足によって握りつぶされた。

何事かとタコの方を向くと、そこにはすずを開放し、”画現術”でタコを出現させた画楽が立っていた。

画楽は筆に墨を付け直すと、怪王に「(すずは)あなたを封印した妖巫女ではない」と教えた。

塵塚怪王と妖巫女が戦ったのは、もう150年も昔のことだったのだ。

怪王はその事実を知るや、すずの魂魄が以前戦った妖巫女のものと全く同質であることから、すずが150年前の妖巫女の”転生体”であると見抜いた。

復讐相手の妖巫女の前に立ちはだかる画楽に激怒し、攻撃を食らわせる怪王。

しかし、画楽に怪王の攻撃は通じなかった。

ものを腐らせる力は、実態を持たない妖に対しては自分よりも弱い相手にしか効かなかったのだ。

画楽は昔は弱かったが、今ではテレビやネットを通じて有名になり多くの人に認識されることで妖力を高め、塵塚怪王よりも強くなっていたのだ。

画楽は”画現術”「画龍天衝(がりょうてんしょう)」で巨大な龍を出現させると、一瞬で塵塚怪王を倒してしまった。

そしてすずに近付くと、「前世のキミに恋をしたんだ」と笑顔で言ったのだった。

感想/まとめ

画楽強っっよ!

あらゆるものを腐らせる強敵「塵塚怪王」は、画楽によって瞬殺されてしまいました。

画楽先生の描いた龍、めちゃくちゃかっこよかったっス!

いやはや、画楽の裏切りは演技だろうと思っていたとはいえ、祭里の苦戦具合から一時はどうなってしまうのかと肝を冷やしましたが、無事に討伐できて何よりです。

かつてはただの筆の付喪神で吹けば飛ぶような弱小妖だった画楽ですが、テレビやネットなど現代の技術を駆使して有名になり、多くのファンを獲得したことで塵塚怪王よりも強くなっていたんですね。

100年以上前から存在しているにもかかわらず古い考えに囚われずに時代の流れに乗る画楽さん、流石です。

そんなに強い画楽さんが最初に裏切ったフリをしていたのは、祭里に活躍してほしいという気持ちがあったからでした。

画楽はすずを妖巫女として覚醒させようとしていますから、祭里が活躍してすずがさらに祭里のことを好きになれば何かしらの変化が起きるかもと考えたのでしょう。

しかし、今回は相手が悪かった。

塵塚怪王は祭里と同じように風を操ってくるし、「あらゆるものを腐らせる」能力を持つことから、生身の肉体を持つ人間にとってはとても危険な相手でした。

祭里は怪王の「腐食魔風」を受けて祓忍装束がズタボロになっていましたが、あれって装束が腐ってたんですよね…。

読者的には眼福でしたが、あのまま放っておいたらそのうち肉体も…って考えると恐ろしくて素直に喜べませんでした。

今回に至っては画楽が助けてくれて本当によかった。

祭里にはまた別の機会に活躍を期待したいですね。

さて、今回も妖巫女について重大な秘密が明らかになりました。

なんと、すずは昔の妖巫女の”転生体”だったのです。

見た目や人格は変われども、その魂魄は昔の妖巫女と全くの同質。

だから、塵塚怪王はすずを自分を封印した妖巫女だと思い込んで襲い掛かって来たのですね。

すずが妖巫女の転生体だったということは、すずの中に居るもう一つの人格は150年前に生きていた妖巫女の人格と見てよさそうですね。

そうすると、すずが妖巫女の力を高めるにつれ、昔の妖巫女の力の人格もだんだん表面に出てくるようになるのでしょうか。

今後、すずが妖巫女の人格とどのように接していくのか、先の展開が楽しみですね。

さらにもう一点、衝撃的なことがありました。

なんと、画楽は前世のすずに恋心を抱いていたのです。

画楽が昔の妖巫女を慕っている描写は何度か登場していてましたから親密な関係だったことは想像していましたが、まさか恋心を抱いていたとは。

そんな恋心を抱いた妖巫女に再び会うために、画楽は150年間存在し続け、やがて妖巫女に復讐しに来るであろう塵塚怪王を倒せるほどに強くなったのですね。

画楽先生、あんた中々いい男じゃあないですか。

これは画楽と妖巫女との関係が一層気になるところです。

次回はすずの前世と画楽の過去が明らかになるお話らしいので、絶対に見逃せませんね!

それではまた次回!

単行本発売中!

あやかしトライアングル 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) | 矢吹健太朗 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで矢吹健太朗のあやかしトライアングル 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

☚前回のお話                                 次のお話☞

これまでのお話はこちらから

あやかしトライアングル 各話一覧
あやかしトライアングルの各話一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1祭里とすずと妖矢吹先生の新連載! 第1話感想12オンナトモダチ 第2話感想13納得できない 第3話 感想14幼心の君 第4話 感想15神速の祓忍 第5...

コメント

タイトルとURLをコピーしました