あやかしトライアングル 第117話 感想

※この記事はネタバレを含みます。

どうも、重平です。

あやかしトライアングル第117話「穢れの行方」の感想です。

[117話]あやかしトライアングル - 矢吹健太朗 | 少年ジャンプ+
毎週月曜日、 TOKYO MX他にてTVアニメ放送中! 不思議な妖怪「妖(あやかし)」がいる日本。妖と戦う忍者「祓忍」の風巻祭里は、幼なじみで妖が好きな少女・花奏すずを守るべく日々妖と戦う。だがそこに猫の妖シロガネが現れて...?
あやかしトライアングル 12 (ジャンプコミックス)
夏休みに山へキャンプへやってきた祭里達。楽しく過ごすのも束の間、ヤヨは落武者の怨霊に遭遇してしまう! さらに怨霊はルーに取り憑いてしまい…。ノーパンで暴れるルーに集中力を欠いた祭里は、成す術もなく──!?

あやかしトライアングル第117話「穢れの行方

妖の王たる器

五行仙が新たな”穢れ”を生み出しすずの元へ送り込んでいた頃、すずは山の中に妖たちを集めて”穢れ”について注意喚起をしていました。

“穢れ”の原因が五行仙にあると判明したとはいえ、どのように送り込まれているかなどまだまだ未解明な部分も多いですから、妖たちを守るためにも周知を徹底するのは良いことですね。

すずから”穢れ”の話を聞いた妖たちは五行仙に対して怒りを露わにし、いっそこちらから仕掛けてしまおうと勢いづいてしまいました。戦いを仕掛けるという話ではなかったのですが、もう普通になだめても収まりそうにないほどの熱量です。

しかし、そんな妖たちをすずは少し話しただけで落ち着かせてしまいました。これはなかなか凄いシーンだと思います。今のすずには、頭に血が上った妖たちを瞬時に鎮めることができるほどの信望があるわけですから。

つい最近「妖巫女=天照」ということが明かされましたから、現人神とも呼べるすずの言う事に妖たちが従うは自然なことのように思います。しかし、妖たちがここまですんなりすずの言う事をきいてくれるのは、これまでにすずが培ってきた信頼関係によるものが大きいでしょう。

幼い頃から妖と接し、身近な存在として妖たちを大切に思っていたからこそ、妖たちはすずの言う事に素直に従っているのだと思います。

話数が進むにつれてますます妖の王らしくなってきたすず。普段はハレンチに意識が向きがちですが、今回のように妖の王としての成長が見られるのも嬉しいものですね。

その発想はなかった!やはり矢吹先生は神…

妖たちへの注意喚起を終え帰宅するすずと祭里(あとシロガネ)。その道中、すずたちは五行仙の放った”穢れ”に襲われてしまいました。

ついに関節的ではなく直接妖巫女を狙ってきた五行仙。攻撃の手法を変えてきましたね。五行仙の刺客として”穢れ”を運んでいるであろう虫のような見た目をした妖がちょっと気持ち悪いです…。

そんな五行仙の攻撃に祭里は即座に反応し、自らを盾としてすずを守ることに成功しました。しかしその際、祭里は左手に攻撃を受けてしまい、妖の体内にある何か(おそらく”穢れ”本体)を自分の身体に注入されてしまいました。

その直後、祭里の身体に異変が起きたかと思うと次の瞬間には信じられない光景が。

なんと、祭里は女の身体と男の身体に分離してしまったのです!!

これには流石にビックリ!!当然ながら、祭里本人も含めその場に居た全員がビックリ仰天です。ええ!?マジで何が起こったの??

しかも、男の祭里も女の祭里もそれぞれに自我があり記憶もしっかり残っている様子。バトルものでよくある分離した片方が偽物で敵になるパターンとは少し違う気がします。

おそらく、二人とも本物の祭里だけど身体だけ男と女に分離した…?ん?何を言っているのかよくわからなくなってきました…。

とにかく、突如として祭里が男と女に分離するという異常事態が起きてしまいました。この展開は流石に予想できませんでしたが、果たしてこれからどうなってしまうのでしょうか。これは続きが気になります。

ていうか、この発想はなかったー!矢吹先生はなんという可能性を見出してくれたのでしょうか!主人公が男と女に分離するとか、もうやりたい放題できるやんけ!

幻や妄想を用いるような展開でない限り、一度に動かせる祭里は男か女のどちらか片方だけだと思っていました。しかし、矢吹先生はあろうことか祭里を男と女に分離させることによって、一度にどちらの祭里も動かせるようにしてしまったのです!

まあ、これは五行仙の仕業なので片方の祭里が偽物である可能性も十分にあるのですが、性惺流転の淫紋にも何か作用しているみたいでしたし、今のところはどちらの祭里も本物にしか見えません。

いやホントにこの発想は凄いと思います。普通ラブコメ作品で同じ主人公を二人も登場させないでしょ。同人誌でもなかなか見ないわ。

祭里が男と女で二人存在しているということは、男の祭里がすずや恋緒などとイチャコラしている間、女の祭里が宗牙パイセンとイチャコラしているところが見られるという事…?なんだその世界線は…。

主人公を男と女で二人同時存在させるという発想によってラブコメの可能性が広がったなと感じています。ハレンチ展開に関しても、ToLOVEるダークネスの時のようなチン〇を用いたハレンチネタを見られるようになるかもしれません。

ラブコメもハレンチの可能性も広げた矢吹先生の発想。このような発想に至る矢吹先生こそ、現代の現人神なのではないかと感じる展開でした。

感想/まとめ

すずの妖の王としての成長、そして祭里が男と女に分離するという前代未聞の事件が発生したお話でした。

すずの妖の王としての成長は純粋に嬉しいですね。ただ「妖の王」という肩書を持っているだけではなく、着実に妖の王としても成長していることが今回のお話で感じ取れました。

王になる前は妖たちと普通の友達みたいな関係だったのに、今では妖たちから上に立つ者としての尊敬や信頼を集めていますし、妖巫女として成長したことで戦闘も魄の扱いも上手くなりました。

ますます妖の王にふさわしくなっていくすずにこれからも期待せずにはいられません。今後もすずの成長が楽しみです。

さて、話は変わりますが、今回のお話で一番衝撃的だったのは、やはり祭里が男の身体と女の身体に分離したことですね。いやこれには本当に驚きましたよ。

男と女で姿は違えど、同じ人格を持った主人公が二人存在するという状況。こんな状況をラブコメで描いた作品が他にあっただろうか。

主人公を男と女で同時に動かせるとなれば、ラブコメやハレンチの可能性は格段に広がると私は思います。何より、「ラブコメでこういう展開やっていいんだ」という前例を作ったのが本当に凄いと私は思うのです。まあ、ファンタジー要素がないとこの展開やるの難しそうですが。

このような発想に至る矢吹先生はまさに性癖の開拓者。これからも素晴らしい発想の数々を楽しみにしております。

P.S.

でも考えてみれば、前作のToLOVEるにも似たような現象を起こしたキャラがいましたね。メモルゼ星人のレンとルンの事なのですが、彼らもくしゃみで男と女に入れ替わる体質を持っていて、最終的には男のレンと女のルンに分離していました。

ただ、レンとルンは一つの身体を共有していたとはいえ人格は全くの別人でしたからね。今回の祭里の分離はどちらも同じ人格を持っているみたいですから、同じ分離でもレン&ルンのパターンとは違うものですね。

まあ、分離の発想自体はこのレン&ルンで元々持っていたのでしょうけれど、それを主人公でやるとは、矢吹先生はホンマにチャレンジャーやでぇ…。

それではまた次回!

単行本発売中!

あやかしトライアングル 12 (ジャンプコミックス)
夏休みに山へキャンプへやってきた祭里達。楽しく過ごすのも束の間、ヤヨは落武者の怨霊に遭遇してしまう! さらに怨霊はルーに取り憑いてしまい…。ノーパンで暴れるルーに集中力を欠いた祭里は、成す術もなく──!?

あやかしトライアングルはジャンプラで!!

[1話]あやかしトライアングル - 矢吹健太朗 | 少年ジャンプ+
不思議な妖怪「妖(あやかし)」がいる日本。妖と戦う忍者「祓忍」の風巻祭里は、幼なじみで妖が好きな少女・花奏すずを守るべく日々妖と戦う。だがそこに猫の妖シロガネが現れて...?

アニメ情報はこちらから!

放送は1月9日(月)から放送中!(実質火曜日の深夜1時頃)

TVアニメ「あやかしトライアングル」 公式サイト
『To LOVEる-とらぶる-』の矢吹健太朗、新境地!『あやかしトライアングル』TVアニメ化決定!

アニメの感想はこちらから

あやかしトライアングル アニメ各話一覧
あやかしトライアングル(アニメ)の各話一覧です。話数サブタイトル記事タイトルBlu-ray&DVD収録1祭里とすずと妖あやかしトライアングル アニメ第1話感想2オンナトモダチあやかしトライアングル アニメ第2話感想3神速の祓忍あや...

☚前回のお話                                 次のお話☞

これまでのお話はこちらから

あやかしトライアングル 各話一覧
あやかしトライアングルの各話一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1祭里とすずと妖矢吹先生の新連載! 第1話感想12オンナトモダチ 第2話感想13納得できない 第3話 感想14幼心の君 第4話 感想15神速の祓忍 第5...

コメント

タイトルとURLをコピーしました