【推しの子】第84話感想 ルビーが真相に迫る…!? そしてアニメ化おめでとう!

【推しの子】

※この記事はネタバレを含みます。

さて、本編の感想の前にまずは言いたい。

【推しの子】アニメ化!!おめでとうございます!!!

ついにこの時がやって来た!連載初期から待望していたアニメ化がついにやってきました!!やったーーー!!

先週の金曜日に告知されましたが、いやーTwitterは大盛り上がりでしたね。アニメ公式アカウントさんのツイートもリツ、いいね共に凄い数字になってましたし、相当に期待されているのがわかります。

しかも、アニメ製作は「動画工房」さんが手掛けるとのこと!アニメ界隈では有名な動画工房さんとなれば、ますます期待も高まるというものです!

情報としてはまだティザービジュアルとスタッフさんが数名発表されたくらいですので、これから出てくる新情報が楽しみです。詳細はTwitterの【推しの子】公式アカウントや、アニメ【推しの子】公式HPをチェック!!

↓ここからは最新話の感想です。

【推しの子】第84話「売り込み」が更新されました!

先週はメムさんが動いたことによりアクアの気持ちが吐き出されましたね。メムさんグッジョブ。

筆者としては、てっきり今週はアクアと重曹ちゃんのわだかまりを解消する回かと思っていたのですが全然違いました。重曹ちゃんはパフォーマンスに影響が出ていますし、あかねちゃんの事も本心ではどう思っているのか気になるので早めに解決してほしいところですが、まあ焦らず待つといたしましょう。

というわけで今回はルビー回。闇堕ちしてからのルビー回は初めてですね。

学校の同級生も登場して何だか賑やかな感じですが、やっぱり以前とは雰囲気が違いますね。でも、最近は闇堕ちルビーもイイと思い始めている私が居る…。最初こそ闇堕ちしてもうたと嘆き悲しんでいましたが、今回のお話でルビーの新たな魅力が垣間見えたような気がします。

それでは感想を書いていきましょう!

【推しの子】 8 (ヤングジャンプコミックス)
「私アクアくんとなら……キスだってHだってやじゃないよ?」 第六章プライベート、展開中!! 星野アクアは、自身の父親の現状を知り、“芸能界”への復讐心は下火となっていた。一方、星野ルビーら新生『B小町』はユーチューブでの人気テコ入れの為、M...
【推しの子】 | ヤンジャン!|集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!

【推しの子】第84話

同級生で共演フラグ!?

今回は、久しぶりにルビーの同級生の「不知火フリル」と「寿みなみ」が登場しました。

三人で集まり、アクアの出演している「深掘れワンチャン」というバラエティ番組の話題で盛り上がる一同。中でもアクアはフリルが気に入るほど面白いツッコミをするらしく、結構人気があるようですね。

そんな会話の中で、フリルは「このままアクアが売れていけばいずれは共演する事になるだろう」と言いました。それだけアクアの人気ぶりは確かなものなのでしょう。この半年でトップタレントのフリルに確信めいたことを言わせるなんて、アクアも活躍もなかなか凄いですね。

しかし、それはアクアに限った話ではありません。ルビーもみなみもまた順調に売れてきているため、自分が二人と共演する日も「そう遠い話ではない」とフリルは言ったのです。

実力も人気もあり、今や芸能界の第一線で活躍しているフリルに「共演するのもそう遠くない」と言われるだなんて、芸能界で生きる人にとってこれほど嬉しいことはないでしょう。共演を「楽しみにしてる」と言われた時の嬉しそうな照れ顔のみなみちゃんが可愛い。

フリルのことですから、この発言も贔屓などではなくルビーとみなみの実績を見ての評価なのでしょう。現実味を帯びた発言にますます共演への期待が高まるというものです。早く仲良し三人組が表舞台で共演しているところを見てみたいですね。

ただ、ここでルビーにちょっと違和感を感じました。

フリルに「(共演)楽しみにしてる」と言われて一番喜びそうなのはルビーなのに、ルビーの喜んでいる描写がなかったんですよね。これまでのルビーだったら大喜びしてたと思うんですが、今のルビーは一体どんな反応をしていたのでしょうか…。

週刊ヤングジャンプ2022年No.29号 【推しの子】第84話より引用

双子の共演

共演の話題から話は広がり、ルビーとアクアならすぐ共演できそうと言うみなみ。そんなみなみの発言にルビーは含み笑いを浮かべていました。

そしてページをめくると、そこにはバラエティで共演しているアクアとルビーの姿が!なんとルビーはアクアに内緒で番組と出演の約束を取り付けていたのです。

これには流石のアクアも驚きを隠しきれません。訝し気な目でスタジオ脇の鏑木Pを睨むアクア。ていうかこの番組にも鏑木Pが絡んでたんですね。

そして始まるルビーリポーターによるVTR映像。伝説のキラキラネーム「光宙(ぴかちゅう)くん」を探して街を回るルビーは、笑顔だったり驚き顔だったりと表情がよく動きます。なんだか宮崎前のルビーを見ているようで少し懐かしくなってしまいました。相変わらずその瞳にハイライトはありませんが。内に何かを秘めていても、それを全く感じさせないように振舞う姿は流石の一言です。

アクアの心境はさておき、ルビーのリポートはスタジオで好評なようで、出演者たちはVTRを見て笑っている様子でした(アクアは顔が死んでました笑)。

鏑木Pにしてやられたと思うアクア。撮影後にやってくれたなと鏑木Pに話しかけるアクアでしたが、実はこの企画はルビーが自分で持ち込んだ企画でした。

「B小町」のライブに鏑木Pを呼び、その場で企画書と共に企画を提案したようです。真正面から行く正攻法とは違い、搦め手のような方法で仕事を獲得していたんですね。これには鏑木Pも少し驚いていたようで、「以前に会った時はこういう手を使える子に見えなかった」と言っていました。

確かに、以前までのルビーだったらこういった手段は使わなかったでしょうね。元気一辺倒で王道アイドル路線を突っ走るようなキャラでしたからね。しかし、宮崎での闇堕ちでミステリアスな魅力だけでなく、裏口を活用する計算高さも解放されてしまったようです。

これまでのルビーとは明らかに異なるしたたかさ。兄であるアクアも、ルビーが企画書を作ったと聞いた時には驚いていましたね。宮崎から帰ってきて半年間、おそらくアクアはルビーが闇堕ちしていることを知らなかったでしょうからなおさら意外でしたでしょうね。

今回のことでルビーに裏口を活用するしたたかさがあることがアクアの知るところとなったわけですが、これはアクアがルビーの異変に気付くキッカケとなるのでしょうか。ルビーが復讐に憑りつかれていることを知った時、アクアがどんな反応をするのか気になりますね。

週刊ヤングジャンプ2022年No.29号 【推しの子】第84話より引用

真相への足掛かり

アクアがルビーの企画書の話を知った頃、ルビーはなんか見たことのある釣り堀にやって来ていました。

釣り堀で釣りをする一人の男性に話しかけるルビー。仕事以外でルビーが話しかけるような男性なんて一体どんな人なんだと思いきや、まさかまさかの、かつての苺プロ社長「斎藤壱護(いちご)」さんでした。

髪が延び、無精ひげを生やしたその姿は、【推しの子】8話の冒頭インタビューで登場したやさぐれた壱護の姿でした。

まさかここで壱護社長が登場するとは、久しぶりの登場に嬉しくなるような、変わり果てた姿に悲しくなるような、複雑な気持ちです。しかし、なんでまたルビーは壱護と接触を図ったのか誰しもが気になるところ。そんなルビーの目的は明白でした。

ルビーは、壱護からアイを殺した男の情報を得ようとして彼と接触していたのです。

アイを殺した男を見つけ出すまで「絶対に逃がさない」。そう言いながら壱護を見るその目が、両目に黒光りする星を宿らせたルビーの威圧感が半端じゃない…。

ていうかルビー、アクアでもやらなかったような、より真実味のある情報が得られそうな人と接触してたんですね。その行動力はアクア以上なのではないでしょうか。

なんだか、宮崎で「謎の少女」に言われた“犯人を探す役目”をしっかりとこなしているような印象がありますね。あの時は「犯人捜しはアクアの役目じゃないのか?」と疑問に思いもしましたが、今のルビーの行動力を見ると少女の発言は正しかったのかと思えてしまいます。

アクアも芸能関係者を片っ端からDNA検査するなど相当なことをやっていましたが、ルビーはルビーでどんな手段をとるのかわからない恐ろしさを感じますね。果たしてルビーはどこまで真相に迫れるのか。これからのルビーの動向に要注目ですね。

あと、あの、ルビーの周りにだけやたらと飛んでるカラスが凄く気になるのですが…。あのカラスたち何しに釣り堀に来とるんや…。夕飯にお魚食べに来たのかな…。(絶対違う)

週刊ヤングジャンプ2022年No.29号 【推しの子】第84話より引用

感想/まとめ

目のハイライトは少ないけど久しぶりに色んな表情のルビーが見れたと思ったら、かつての社長に威圧感を放つヤベー女が垣間見えたルビー回でした。

久しぶりのフリルとみなみの登場回。ルビーも含め学校で三人一緒に居る姿はごく普通の女子高生のようで、仲睦まじい様子がとても微笑ましいのですが、いつも通りに見えてもルビーにはやっぱり少し違和感を感じてしまいますね。

全然笑わないどころか表情も殆ど動いていないように見えます。なによりも、憧れであり推しであるフリルから「共演するのもそう遠くない話」と言われたのに喜んでいる描写がなかったことが衝撃的でした。以前のルビーなら絶対喜んでそうなものなのに、表情が全く描かれませんでしたからね。今のルビーがフリルの発言をどう捉えたのか少し気になります。

なんかルビーの表情動かないなー、と思っていたら、今度はまさかのリポーターとしてテレビに出演。アクアとのサプライズ共演を果たしました。

リポーターとして街を回るルビーは、笑ったり、驚いたり、決め顔をしたりと表情がよく動きます。目のハイライトが全然感じられないところに多少の違和感は感じますが、コロコロと変わる表情になんだか懐かしさを感じてしまいました。光のない目で笑うルビーも可愛いものですね。

ただこれ、宮崎以降のルビーってもしかして、ステージの上や仕事以外で笑わなくなってやしないか?宮崎の件以来、プライベートで笑っているところを一度も見ていないような気がします。あの笑顔から貰える栄養があったのですが、それが見られないのは少しだけ寂しいです。

そして、ルビーのしたたかな行動がアクアに伝わり、釣り堀では壱護元社長に威圧感を放つルビーが見られました。

ルビーは犯人探しにとても積極的に動いていますね。宮崎から帰る直前の神社参拝ではアクア頼りなんかい!と思いましたがとんでもない。壱護元社長から情報を引き出そうなんてアクアでもやらなかったというのに、アクア以上に犯人に対する執着を感じます。

これほど犯人探しに積極的なところを見ると、今回のテレビ番組出演もどんな狙いがあったのか勘繰ってしまいます。今のルビーがアクアを驚かせるためだけに出演したとは思えないですし、わざわざ企画書まで用意するほどですから何かしらの考えがあるはず。

これも犯人捜しの一環なのか、アクアと同じように芸能界で売れることで父親に近づこうとしているのか…なんだかルビーの考えがアクア並みに読めなくなってきました…。

そんなルビーが釣り堀で壱護と接触。犯人を見つけるまで「絶対に逃がさない」と言うルビーの黒い瞳からは凄まじい圧を感じました。これぞまさしく、相手を逃げれなくするポ〇モンの技、「くろいまなざし」ってやつですね。”ルビー”はポ〇モンだったのか!?(違う)

冗談はさておき、壱護の発言からルビーはもう何度か壱護に会いに来ているようです。一体いつ接触したのか、そもそもどうやって接触したのか非常に気になるところです。

かつてアイに一番近いところにいて、事件後突然いなくなってしまった壱護元社長。「俺に関わるな」とやたら突き放す態度をとっていますが、事件の真相について何か知っているのでしょうか?壱護と接触したことでルビーがどれだけ真相に近づくのか楽しみです。

さて、ルビーが本格的に犯人探しに動いていることがわかり、壱護元社長まで登場して、アイの事件の真相解明に向けてまた勢いづいた感じがしました。ルビーはどこまで真相に迫れるのか、そして久しぶりに登場した壱護からは何が語られるのか。これから明かされる新情報に期待が高まりますね。

それではまた次回!

【推しの子】アニメ化!!

記事の冒頭でもお伝えしましたが、ついに【推しの子】がアニメ化決定しました!!

ティザービジュアルがもうすでにかっこいいし、アニメ制作も「動画工房」さんで期待大!これから展開されるメディアミックスやアニメの制作情報からも目が離せません!

情報の詳細はアニメ公式Twitterやアニメ公式サイトを要チェックです!!

アニメ『【推しの子】』公式サイト
「この芸能界において嘘は武器だ」赤坂アカ×横槍メンゴの豪華タッグが全く新しい切り口で”芸能界”を描く衝撃作、ついにアニメ化決定!

【推しの子】ラインスタンプも販売!

さらに!6月17日(金)は【推しの子】第8巻の発売日!!

加えて、【推しの子】初のラインスタンプも発売しました!!これは絶対に見逃せない!

筆者も購入してみましたが、どれも使いたくなるスタンプばかりでとても嬉しい!特にぴえヨンのスタンプが好きですね。

反響があれば第二弾も来るのかな?微力ながら散々使い倒して知名度上げに貢献していこうと思います!

OSHI NO KO – LINE stickers | LINE STORE
"OSHI NO KO" is the popular series at Weekly YoungJump debut a LINE sticker! This stamp is made from comic vol.1 to vol....

単行本発売中!

【推しの子】 8 (ヤングジャンプコミックス)
「私アクアくんとなら……キスだってHだってやじゃないよ?」 第六章プライベート、展開中!! 星野アクアは、自身の父親の現状を知り、“芸能界”への復讐心は下火となっていた。一方、星野ルビーら新生『B小町』はユーチューブでの人気テコ入れの為、M...

最新8巻は6月17日(金)発売!!発売してます!!

【推しの子】はヤンジャン!アプリやジャンプ+アプリなどで読めます!(ジャンプ+は一週間遅れの更新です)

チケットで無料とか、初回無料とか、結構無料で読めるのでおススメです。

【推しの子】 | ヤンジャン!|集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
[第一話]【推しの子】 - 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+
毎週水曜日TOKYO MX他にてTVアニメ放送中!『かぐや様は告らせたい』の赤坂アカが横槍メンゴとの豪華タッグで描く舞台は芸能界!![週刊ヤングジャンプでも連載中]

⇐前回のお話                            次のお話⇒

これまでのお話はこちらから

【推しの子】各話一覧
【推しの子】の話数一覧です。 話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1母と子新連載【推しの子】感想!赤坂アカ×横槍メンゴのタッグ結成!12兄と妹 【推しの子】第2話感想 赤子に転生した医師のその後は…13ベビーシッター 【推しの子】第3話...

コメント

タイトルとURLをコピーしました