【推しの子】第102話感想 重曹ちゃんを救えるのは…

【推しの子】

※この記事はネタバレを含みます。

【推しの子】第102話「アイドルと恋愛」が更新されました!

さあ今週もやって参りました【推しの子】の時間です。

もうここ最近はスキャンダルドカーン!重曹ちゃん真っ青!って展開がいつ来てもおかしくないと思っているので毎週毎週肝を冷やしております。

今週のお話はスキャンダル爆弾の爆発こそありませんでしたが、順調に嵐に向かって進んでいると言いますか、まあ不穏な雰囲気が漂ってましたね…。特に最後。

やはり重曹ちゃんを救ってあげられるのはアクアしかいないと思うんですが、果たしてこのままでアクアは動いてくれるのか、期待していますが心配でもあります。マジで頼むでアクアさん…。

それでは感想を書いていきましょう!

【推しの子】 | ヤンジャン!|集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
【推しの子】 9 (ヤングジャンプコミックス)
「やっぱルビーには……何か特別なものがあるんだろうな……」 MV撮影の為に訪れた神話の街・高千穂で、ルビーはアイを殺した犯人は2人組だった事を知る。その内1人は、今ものうのうと生きてる事が許せず…自らの手で殺めると復讐を誓う。そして、半年が過ぎ、各々の活動が大きく動き出す“第七章中堅編”始動!! “赤坂アカ×横槍メンゴ...

【推しの子】第102話「アイドルと恋愛

意外と多い彼氏持ち

サブタイトルが「アイドルと恋愛」とされているだけあって、お話の前半は芸能界の異性関係に触れていましたね。

番組収録前の控室で彼氏や同僚の夜遊びについて話すアイドルたち。本当のところは業界人でもない筆者には知りようもありませんが、もしかしたら現実はこんな感じなのかもしれないですね。

そもそも仕事でもプライベートでも異性と全く関わらずに生きていくことなんて不可能ですし、特に芸能界なんて普通の仕事をしていたらまず出会えないような美男美女やお金持ちと接する機会も多いでしょうからね。いくら「アイドルは恋愛をしてはいけない」と言われていても無理があるってもんです。

だからと言って「交際相手が居る」なんて公の場で言ってしまえば人気商売のアイドルなんて一瞬で消し飛んでしまうでしょうから当然公表することもできず。それ故にアイドルや芸能人の中ではいかに異性関係がバレないように、匂わせないようにできるかが「プロ意識」と考える人も少なくないようです。

まあ、「アイドル」ってその名の通り”偶像”や”幻想”、キャラクターを商品として売っているわけですからね。商品の質を落とさないための意識であればそれも「プロ意識」と呼べるでしょう。

しかし、いくらプロ意識を持って気を配っていたとしてもバレる時はバレるもの。特に熱愛報道なんてのは大抵身内からのリークだと今回のお話の中で語られていましたね。

読んだ瞬間は「うっそマジ!?」と思いましたが、考えてみれば何年も交際を隠し続けてきたのに急に表沙汰になるとか、相当迂闊なことでもしない限り身内を疑ってしまうのも仕方のないことですよね。

仕事の苦楽を共にする同僚であっても人気商売ともなれば格差が生じてしまうもの。動機は様々でしょうが、不満や嫉妬心が積み重なれば仲間に噛みつくこともあるのかもしれません。まあ、そんなことは稀だと信じたいものですが。

ファンに笑顔を振りまくアイドルたちの世界は、我々一般人が想像しているよりも遥かに厳しい世界なのかもしれないですね。

週刊ヤングジャンプ2023年No.2号 【推しの子】第102話より引用

メムさんの言葉

最近重曹ちゃんが思いつめた表情をしていることが多いことに気付いていたメムさん。このままでは重曹ちゃんが「B小町」を辞めかねない。そう思ったメムさんは真っ先にアクアに助力を求めに行きました。

「今ガチ」の時にも思いましたが、メムさんは周囲の人を気に掛けるだけの視野の広さがあるうえに悩んでいる人のフォローまでしてくれるなんて、本当に優しい人だなと思います。メムさんみたいな人は人間的にかなり好きです。

そんなメムさんは重曹ちゃんがイエローシグナルを発していると判断しました。実際、最近の重曹ちゃんは危険な橋を渡ってでも仕事を取りに行こうとするほど追い詰められていましたからね。重曹ちゃんは悟られないように振舞っていたのでしょうけれど、それを察したメムさんは流石です。

そんな状況だからアクアに助けを求めに行ったというのに、当のアクアは重曹ちゃんに不干渉の姿勢を保ったまま。中堅編などでアクアの重曹ちゃんへの気持ちは知っているので頭ごなしに文句を言うつもりはありませんが…ホントにアクアの考え方はなんとかならないものか…。

ただ、アクアを説得しようとしてメムさんが言った、「かなちゃんはきっとアクたんの為にアイドルをやってる」「少しで良いから向き合ってあげてよ」という言葉を聞いてアクアも何も感じなかったわけではなさそうです。このメムさんの言葉で少しでもアクかなの関係が改善する方向に動けばいいのですが…。

一方、アクアとメムさんがそんな話をしていた頃、重曹ちゃんは道端で週刊誌の記者らしき人物に声を掛けられ、苺プロの社長であるミヤコさんのもとには週刊誌から重曹ちゃんとシマカンに関する記事の掲載許可を求めるメールが届いていたのでした…。

おっと、これはこれは…。そろそろスキャンダル編で大きな動きがありそうですね…。

週刊ヤングジャンプ2023年No.2号 【推しの子】第102話より引用

感想/まとめ

前半では芸能界の異性関係について語られ、後半ではメムさんが良い女だということを再認識したお話でした。

芸能界の男女関係については、本当のところはわからないので作中で語られている以上に触れることは控えます。ただ、今回のお話や現実のいろんな報道やら暴露話などを見聞きするに、芸能人は本当に苦労してるんだろうなぁというのは改めて感じました。

さて、それよりも私はメムさんに拍手を送りたい。よくぞ私の気持ちを代弁してくれました!

重曹ちゃんへの不干渉を貫こうとするアクアに対しメムさんが言った、「かなちゃんはきっとアクたんの為にアイドルをやってる」や、「君が彼女をこの世界に引き入れた」や、「少しで良いから向き合ってあげてよ」という台詞はまさに私が常々思っていたこと。おそらく【推しの子】読者の中には同じような気持ちを抱いていた人が大勢いるのではないでしょうか。

私がアクアに対してずっっっっっっっと言いたかったことを、ついにメムさんが言語化して作中で伝えてくれました。ありがとうメムさん。本当にありがとう。

これで少しはアクアの考え方も変わってくれるといいのですが…まだちょっと難しいのかな…?

アクアもアクアで重曹ちゃんへの不干渉の姿勢を取る理由がありますからね。これから復讐の道を突き進もうという自分が重曹ちゃんに関わってはいけないと考える気持ちはわからないでもない。

でも、メムさんの言う通りこの世界に重曹ちゃんを連れてきたのはアクアなんだし、これまで散々思わせぶりな態度を取って既にハートキャッチしちゃってるわけですから、これで俺はこれ以上関わりませんというのはあまりにも無責任です。

重曹ちゃんと恋仲になるとまではいかなくとも、せめて最低限のメンタルケアぐらいはやってあげてほしいですね。あんまり重曹ちゃんを泣かすんじゃあないよ。

これからアクアがどう動くのかはまだわかりませんが、とにかくメムさんが私の抱いていた気持ちをアクアに伝えてくれたので少しだけスッキリしました。メムさん、本当にありがとう。

今回のスキャンダル編では重曹ちゃんのドでかい曇らせが来るでしょうから、重曹ちゃんが窮地に立たされた時には是非ともアクアに支えていただきたいものです。期待してるからなアクア!

さて、最後の引きからしていよいよスキャンダル編が動き出しそうな感じですが、来週の【推しの子】は休載とのことです。(再開は12/22(木)のYJ4・5合併号)

やはり12月は師走というだけあって作者様方もお忙しいのでしょうか。年末もありますし、今月はちょいと休載が多めです。

そういえば近々【推しの子】アニメに関する発表もあるみたいですからね。やっぱりアニメ関連とかでもお忙しいのかな?

休載が多いのは残念ですが、重曹ちゃんが元気になることを祈りつつ次回の更新を待つと致しましょう。

それではまた次回!

単行本発売中!

【推しの子】 9 (ヤングジャンプコミックス)
「やっぱルビーには……何か特別なものがあるんだろうな……」 MV撮影の為に訪れた神話の街・高千穂で、ルビーはアイを殺した犯人は2人組だった事を知る。その内1人は、今ものうのうと生きてる事が許せず…自らの手で殺めると復讐を誓う。そして、半年が過ぎ、各々の活動が大きく動き出す“第七章中堅編”始動!! “赤坂アカ×横槍メンゴ...

【推しの子】はヤンジャン!アプリやジャンプ+アプリなどで読めます!(ジャンプ+は一週間遅れの更新です)

チケットで無料とか、初回無料とか、結構無料で読めるのでおススメです。

【推しの子】 | ヤンジャン!|集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
[第一話]【推しの子】 - 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+
『かぐや様は告らせたい』連載中の赤坂アカが“2作品同時週刊連載”を開始!横槍メンゴとの豪華タッグで描く舞台は芸能界!![週刊ヤングジャンプでも連載中]

⇐前回のお話                            次のお話⇒

これまでのお話はこちらから

【推しの子】各話一覧
【推しの子】の話数一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1母と子新連載【推しの子】感想!赤坂アカ×横槍メンゴのタッグ結成!12兄と妹 【推しの子】第2話感想 赤子に転生した医師のその後は…13ベビーシッター 【推しの子...

コメント

タイトルとURLをコピーしました