デカダンス 第8話 感想 未来のために今立ち上がる!

デカダンス

※この記事はネタバレを含みます。

どうも、重平です。

デカダンス第8話「turbine」の感想です!

今回のサブタイトルは「turbine」(タービン)。

皆さんもどこかで聞いたことのある、回転式の原動機のことですね。

さて、カブラギさん達は今回も収容所の中から大活躍!

デカダンスにもログインできますし、本当に収容されてんのかってくらい活躍します。

「ガドル工場をぶっ壊す」という目的に向けて頑張れカブラギ!

デカダンス 第8話 「turbine」 あらすじ

ドナテロたちの協力を取り付けたカブラギは、《ガドル》工場破壊のために再びデカダンスへとログインする。しかし警戒を強める《ゲーム警察》が立ちふさがって……。

TVアニメ「デカダンス」公式サイトより引用

デカダンス 第8話 「turbine

「ガドル工場をぶっ壊す」というカブラギの発言を聞き盛り上がるドナテロ。

しかし、収容施設は水中にあり、ガドル工場へ行くにはガドルの糞が落ちてくる穴か、ゲーム警察だらけの道のどちらかしかない。

そこでカブラギは、デカダンス(地上)からガドル工場へ潜入することを提案する。

デカダンス内からガドル工場に潜入するにしてもチップに反応しない素体が無ければ潜入は不可能であるため、ジルの調べで廃棄予定だったカブラギの素体をミナトが保管していることを確認したカブラギ達は、ギアの素体保管庫へと潜入したのだった。

ギアの素体保管庫へは、移動要塞デカダンスの内部から入ることができた。

入り口は本来は厳重なセキュリティに守られているが、ジルのハッキングによってセキュリティを楽々突破し、素体保管庫の操作ルームへと到達する。

カブラギの素体を捜索中、違法素体を保管している容疑を掛けられたミナトがゲーム警察のフギンと素体保管庫に現れたり、一緒に連れてきたサルコジのせいで潜入がバレそうになったりしたが、何とかカブラギの素体を回収することに成功する。

因みに、この時ミナトも違法素体(カブラギの素体)を保管していたことがバレそうになったが、カブラギの素体とアダルトグッズが入れ替えられていたためバレずに済んだ。

カブラギのチップなし素体は手に入ったものの、ガドル工場潜入へは最低もう一人必要だと聞かされたカブラギは、ナツメを誘うために回収した素体でデカダンスにログインする。

カブラギの元の素体でのナツメとの再会は、暗がりで後ろから声を掛けようとしたために、ナツメとクレナイに殴られるという形で果たすことになった。

カブラギがナツメと会っている頃、収容所ではドナテロが他のサイボーグ達に向け「ウンコ工場をぶっ壊すぞ!」と呼び掛けていた。

しかし、そんな突拍子もない発言にサイボーグ達の反応は鈍かった。

そこで、ジルから衝撃の事実が明かされる。

収容所でサイボーグ達がせっせと処理しているガドルの糞。

看守からガドルの糞は“収容所の稼働エネルギー”にされていると説明がありましたが、実際は“オキソン”に加工され、毎日囚人たちに注入されていたのでした。

収容所で働くサイボーグ達のエネルギー源は”ガドルの糞”だったのです!

「クソで作ったエネルギーでクソの処理をする!つまるところ我々もクソということですよ」

「このままでいいんですかぁ~?」

とジルに発破をかけられたサイボーグ達は俄然やる気になり、全員が「ウンコ工場をぶっ壊す」という目的に向けて動きだした。

ただ一人、ターキーを除いては。

ナツメと再会したカブラギはガドルの発生源を見つけたことを教え、ナツメをガドル工場潜入に誘おうとしていた。

カブラギはナツメの身を案じなかなか「一緒に来てくれ」と言い出せないでいたが、ナツメの方から「一緒に行きましょう」と手を差し伸べてくれた。

「その場所がどれだけ危険でも、自分にしかできないのなら行きますよ」と言ったナツメの勇気に、カブラギも勇気づけられたのだった。

と、そこへジルから面会が来ていると連絡が入る。

面会の相手はデカダンス総司令官であり、カブラギの親友でもあるミナトだった。

ミナトはカブラギの素体がアダルトグッズに入れ替わっていたことで、カブラギがまた何かしたのではないかと尋ねてきたのだ。

カブラギの行動に呆れ気味のミナトに、カブラギは工場を破壊しシステムを停止させる計画を打ち明け、協力を頼み込む。

しかし、ミナトの賛同を得ることはできず、

「俺はただ、あの頃みたいにお前と戦いたかっただけなんだよ…それだけでよかったんだ」

と言い残し、ミナトは収容所を後にする。

ミナトとカブラギの面会が終わった頃、糞の処理場の陰では「カブラギ達を裏切れ」と、ターキーがサルコジに話をしていた

ターキーは看守の上の方に顔の効くサルコジに「ゲーム警察が動いている」との噂があることを伝え、「俺たちが皆を救えば、お前はヒーローになれる」と唆した。

ターキーは「ヒーロー」という言葉に興味を示したサルコジと、リカー(サルコジ制作のアルコール飲料)の入ったカップで乾杯したのだった。

まとめ

「ガドル工場をぶっ壊す」という目的に向けて動き出したカブラギと囚人達。

素体保管庫からカブラギの素体を回収する様子は、モンスターズインク1の終盤の扉保管庫でのバトルを思い出しました。

途中でミナトとフギンも現れたことで、いつバレるかと結構ハラハラしてしまいました。

何とかバレずに素体を回収できて本当に良かったです。

ナツメの協力も得られましたし、ガドル工場破壊に向けて順調に行動できていますね。

しかし、囚人達も一枚岩ではないようです。

素体保管庫にフギンが現れた時の反応や収容所でサルコジを脅しているシーンから察するに、ターキーはゲーム警察と繋がっている可能性があります。

ターキーは収容所ではドナテロに次ぐナンバー2なので色々な情報を得ることができますし、厄介な相手ですね。

また、気になる伏線がいくつか出てきましたね。

デカダンス内の厳重なセキュリティにハッキングができるほどの実力を持つジルに、看守の上の方に顔が利くサルコジ。

ジルとサルコジについてはまだまだ謎が多そうです。

そして極めつけは衝撃の真実。

囚人たちが毎日摂取しているオキソンはガドルの糞から作られていた!!

これは嫌ですねぇ…。

人間で言うと家畜の糞を掃除して集めて、その糞を液状にして毎日飲んでいる(というか主食にしている)ようなものですものね…。

この世界には人権(サイボーグ権)ってものが無いんですねー。

さて、様々な思いや陰謀が渦巻く中で、カブラギは計画を成功させることができるのでしょうか。

次の放送も楽しみですね!!

それではまた次回!

☚前回のお話                            次のお話☞

これまでのお話はこちらから

デカダンス 話数一覧
デカダンスの話数一覧です。話数サブタイトル記事タイトル1ignitionデカダンス 第1話感想 引き込まれる世界観のアニオリ作品だ!2sprocketデカダンス 第2話感想 カブラギの過去、そして世界の秘密が明らかに・・・3Ste...

コメント

タイトルとURLをコピーしました