あやかしトライアングル 第72話 感想

※この記事はネタバレを含みます。

どうも、重平です。

あやかしトライアングル第72話「濡れた駆け引き」の感想です。

あやかしトライアングル 6 (ジャンプコミックス)
突如街を襲った季節外れの猛暑。暑さが人々を、すずを狂わせる! 赤らんだ顔、火照った身体、滴る汗。全ては暑さのせい! 暑いのが悪いのだ! 奇怪な行動に走るすずに翻弄される祭里。熱にあてられた二人の行く末は!?

あやかしトライアングル第72話「濡れた駆け引き」

爆裂水着回

祭里とすずの絆を壊さんと学校に通い始めたカゲメイ。これからどんな駆け引きが行われるのかワクワクしていたところにもってきたのは、みんな大好き水着回!

現実では震える寒さになってきましたが、作中ではまだまだ夏真っ盛り。学校のプールの授業があるわけですから夏休みすらまだです。

そして学校のプールの授業といえば当然スクール水着なわけですが、各々の水着姿を見たところでひとつ率直な感想をいいですかね…。

カゲメイといぶき先生(祭里母の変化姿)の水着姿ダイナマイトすぎない!?

カゲメイは服の上からでもわかるご立派なものをお持ちでしたが、水着になって身体のラインがはっきりわかるようになると、まあうん、ヤバイですね!既に何度か裸も見ているんですが、水着になるとこれはこれでくるものがあるというか、裸より危険な感じがしますね。

そして祭里母こと纏さんの変化姿「山瀬いぶき」先生の水着もこれまたヤバイ。その破壊力、まさにダイナマイト。ていうか初登場時よりも大きくなってないか?気のせい?

流石に学校の授業なので男女は別々の授業になっているようですが、こんなんうっかり男子が見てしまったら授業になりませんぜ。こんな爆裂ボディがすぐ近くにいるだなんて、この学校の男子たちも大変ですなぁ。

妖巫女の戦い

カゲメイの水着姿に多少惑わされてしまいましたが、彼女の目的を忘れてはいけません。カゲメイは祭里とすずの仲を引き裂き、祭里をすずから奪い取るために学校ここにいるのです。

プールの授業も一段落し自由時間となったところで、カゲメイは祭里を呼び出し二人きりで話を始めました。この時話した言葉は本音なのか、それとも祭里を油断させるための嘘なのか、この時点ではまだわかりません。

二人で話し始めて暫く経った頃、祭里たちと合流しようと近づいてきたヤヨルーとすず。確実にすずが見ているところを狙って、カゲメイは祭里の唇にキッス!

なるほどそうきましたか!祭里とすずの仲を引き裂くためにカゲメイがとった行動は、すずを含めた皆が見ている前での公開キッス!

これによりすずにダメージが入ることは勿論、キスの瞬間を他の大勢の生徒にも見せることで学校中にウワサを流し、祭里とカゲメイこそが正当な百合ップルであると認めさせる魂胆でしたか!

けしからん!なんて恐ろしいことを考えるんだカゲメイ!(いいぞもっとやれ!!)

しかしこれは本当に恐ろしい。このままでは学校中で祭里とカゲメイの百合ップルが公認となり、すずが入り込む余地がなくなってしまいます。そうなってしまえばカゲメイの思うつぼです。

すずはどんな手を使ってでもここでアクションを起こさなければなりません。

公衆の面前でキスをするというカゲメイの大胆な行動、それに対抗するべくすずがとった行動とは…

皆が見ている前で舌を入れての濃厚なキッス!!!

さすがすず!おれたちにできないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!

なんとすずはカゲメイと同じく公衆の面前で、しかもカゲメイよりも過激なキスで対抗したのです!

突然のキスという印象的な出来事をさらに大きなインパクトで上書きする。すずのとった行動はまさに正解ではありますが、これを行動に移せるのは流石すずといったところでしょう。

妖巫女同士の戦い…。こいつぁ面白くなってきましたよ!!

ただ、目の前で可愛い祭里のキスシーンを何度も見せつけられる纏さんはどんな心境でいるのか少し心配ですけどね(笑)。

あやトラ新章の展開

あやトラ新章の展開、「祭里とすずの絆を壊す」という目的でカゲメイが学校に通い始めたあたりで察していましたが、やはり祭里争奪戦になりましたね。

祭里とすずの仲を引き裂くなら、祭里をカゲメイの虜にしてすずから奪い取るのが一番効果がありますからね。カゲメイは祭里に様々なアプローチを実行し、すずは祭里を取られまいと対抗。これで祭里を軸としたラブコメができるわけですよ。ここに恋緒だったり宗牙パイセンだったりも参入してくるわけですから、これはもう大変なことになりそうですね。

新章の最初で祭里とすずの両想いを確定させてからのラブコメ展開、最終的にはすずに戻ってくるのでしょうけど、それまでは祭里を巡っての争奪戦ラブコメが堪能できそうですね。

そしてカゲメイもまた、学校という場で生活することで人への恨みを浄化する流れになってきました。すずも言っていましたが、カゲメイが人への恨みを浄化することができれば平和的にすずと融合することができるかもしれませんものね。最終的にはカゲメイをすずの元へ戻さなければならない以上、人への恨みの浄化は必須条件でしょう。

こういった流れを見ると、やはり画楽は最初からこれが目的だったんじゃないかなという気がします。おそらくすずは元々の優しい心持ちからカゲメイ浄化に乗り出したんだと思いますが、画楽はすずがこういった考えになることも見越してカゲメイを学校に送り込んだような気がします。

最終的な結末がどうなるかはわかりませんが、カゲメイが人への恨みを忘れるくらい、心から学校生活を楽しんでくれると嬉しいですね。

いろいろ思ったこと

ツイッターで呟くような、たいした文にはならないけど思ったことをズラッと書いていこうと思います。

祭里、カゲメイに笑顔で腹蹴りされたこと若干トラウマになっとるやんw

たしかにカゲメイは笑顔で蹴ったり殴ったりとサディスティックな一面もありますから、何されるかわからなくて怖いというのはありますね。

これからのラブコメ展開の中で腹蹴りのトラウマが消えるのかどうか見ものであります。なんならカゲメイがドSを前面に出してきて祭里を攻め立てて、新しいトラウマを植え付けるというのも面白そうですけどね。

あと、すずが祭里に舌を入れてのキスをしているところを見て動揺しているカゲメイが可愛かったです。カゲメイは前世では恋愛などはできなかったでしょうから、大人のキスなんて知ることはなかったのでしょう。あれだけ恐ろしい強者オーラを出していたのに実は初心だなんて、なんとも可愛らしいギャップですね。

こういった性知識に関してはすずの方が圧倒的に上ですから、このまますずが一歩リードするのでしょうか。いやしかし、初心なカゲメイが恥ずかしがりながらあのダイナマイトボディで迫ってくることを考えるとやはりカゲメイの方が上か…?

恋愛に疎いカゲメイと、色々知ってるすず、あと変態匂いフェチの恋緒の戦いがどうなっていくのか楽しみです。

それから、プールの水に向かってずっと一人でジャンプ系の必殺技を放ち続けるルーが草でした(笑)

ルーは花鳥風月の中で唯一妖の存在を知覚できない人間ですから、こうでもしないと絡みがなくなって、台詞と出演回数が減ってしまうという悲しい事実。

早くルーにもちゃんとした出番と台詞を与えてやってくだせぇ…。

感想/まとめ

ダイナマイトボディが随所で爆裂した水着回でした。

まあやっぱりあれですね。カゲメイの水着姿は、その、うん、いろいろあかんですわ。こんないろいろ凄い女性が近くにいるだなんて、この学校の男子達は羨ましいというか大変そうというか…ええ、羨ましいですはい。

そんな爆裂ボデーに見惚れている暇もなく、始まったのは仁義なき妖巫女のバトル!

公衆の面前で母親も見ている前で、祭里に向かってキスからのキス!こいつぁ面白いことになってきました!

新章のラブコメは期待できそうですね。

さらに、次回予告を見るに次回は恋緒も参戦してくるそうな。あの変態匂いフェチがこの過激な争奪戦に対抗してくるとしたら、いったいどんな手を使ってくるのでしょうか。

カゲメイ転入から始まった祭里争奪戦、新章はこれまた面白いことになりそうですよ!

それではまた次回!

単行本発売中!

あやかしトライアングル 6 (ジャンプコミックス)
突如街を襲った季節外れの猛暑。暑さが人々を、すずを狂わせる! 赤らんだ顔、火照った身体、滴る汗。全ては暑さのせい! 暑いのが悪いのだ! 奇怪な行動に走るすずに翻弄される祭里。熱にあてられた二人の行く末は!?

ジャンプ読むならジャンプ+!

少年ジャンプ+|人気オリジナル連載が全話無料!の最強WEBマンガ誌
アプリなら『SPY×FAMILY』『怪獣8号』などオリジナル連載が初回全話無料で読める!人気マンガを毎日無料で更新中。WEB発の新作や少年ジャンプの人気作、メディア化した大ヒット作まで充実のラインナップ。面白いマンガを先読みするなら「少年ジャンプ+」。

☚前回のお話                                 次のお話☞

これまでのお話はこちらから

あやかしトライアングル 各話一覧
あやかしトライアングルの各話一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1祭里とすずと妖矢吹先生の新連載! 第1話感想12オンナトモダチ 第2話感想13納得できない 第3話 感想14幼心の君 第4話 感想15神速の祓忍 第5...

コメント

タイトルとURLをコピーしました