あやかしトライアングル 第115話 感想

※この記事はネタバレを含みます。

どうも、重平です。

あやかしトライアングル第115話「五行仙」の感想です。

2023年最初のあやかしトライアングルですね。今年もよろしくお願い致します。

[115話]あやかしトライアングル - 矢吹健太朗 | 少年ジャンプ+
2023年1月9日よりTOKYO MX他にてTVアニメ放送開始! 不思議な妖怪「妖(あやかし)」がいる日本。妖と戦う忍者「祓忍」の風巻祭里は、幼なじみで妖が好きな少女・花奏すずを守るべく日々妖と戦う。だがそこに猫の妖シロガネが現れて...?
あやかしトライアングル 12 (ジャンプコミックス)
夏休みに山へキャンプへやってきた祭里達。楽しく過ごすのも束の間、ヤヨは落武者の怨霊に遭遇してしまう! さらに怨霊はルーに取り憑いてしまい…。ノーパンで暴れるルーに集中力を欠いた祭里は、成す術もなく──!?

あやかしトライアングル第115話「五行仙

ついに”穢れ”の情報が!

2023年最初のあやかしトライアングルでは、ついに”穢れ”についての情報が少し解禁されましたね!

うっひょ~~~!!ずっとこの時を待っていました。バク蔵から始まり、ウネにドンパと半年かけて三回も登場したにも関わらずロクな情報が出て来なくてヤキモキしていましたからね。

さて、そんな”穢れ”の情報ですが、恋緒の解析の結果「妖巫女を始末せよ」という明確な命令が込められていたことが判明しました。これまでの”穢れ”に憑りつかれた妖の行動を見て薄々感じていましたが、やはり“穢れ”には妖巫女への明確な敵意が込められていたようですね。

“穢れ”の情報は恋緒から纏(祭里母)へ伝わり、情報を得た纏は後日、東京で「五行仙」に謁見しました。

「五行仙」というのは今回初出の人達ですね。関東祓忍衆の御頭である纏より上の立場の人らしいので、祓忍組織のトップ達と思われます。ヱヴァでいうところのゼーレ、ワンピースでいうところの五老星を彷彿とさせます。

五行仙と謁見し、”穢れ”の原因を報告する纏。その報告の直後に五行仙から明かされたのは、「“穢れ”は五行仙たちの思念によって造りだし、妖巫女の周辺へと送り込まれたものである」という真実でした。

さらに、五行仙曰く、妖巫女はおよそ1800年前に五行仙たちの祖先を苦しめた怨敵であるとのこと。祓忍の祖先と妖巫女には何か並々ならぬ因縁がありそうです。

“穢れ”は妖巫女に恨みのある何者かの意思が働いていると以前から思っていましたが、まさか祓忍組織のトップが黒幕とは。これは面白くなってきました。

しかも、五行仙が妖巫女を敵と断定した理由が「妖巫女に”天照(あまてらす)”の証(命光輪)があるから」とのこと。以前にもチラッと出ましたが、また「天照」というワードが出てきましたね。

こちらの世界で「天照」というと、日本神話の最高神である「天照大御神」を連想しますよね。あやトラはこちらの世界の神話や伝承をそのまま採用することが多いので、あやトラ世界の「天照」も非常に神格の高い神様か、あるいは神に等しいほどの力を持つ妖と考えてよさそうです。

そんな「天照」の証を持つ妖巫女を怨敵と断定する五行仙はヤバイですね。本来は崇めるべき対象だと思うのですが…およそ1800年前に何があったのか非常に気になります。

あやトラ世界の現代がこちらの世界の現代(2023年頃)と大差ないと仮定すると、1800年前といえば西暦223年頃。こちらの世界で言えば弥生時代、古墳時代のあたりであり、卑弥呼がいた時代ですね。そんな大昔の時代とか、人と妖で覇権争いでもしていたのでしょうか。大昔からの因縁というのはワクワクしてきます。

来週以降は天照と五行仙の祖先の因縁についてさらに踏み込んでくれるのでしょうか。どんな関係性が明かされるのか今からとても楽しみです!

一方、妖巫女(すず)は…

“穢れ”の秘密が五行仙から明かされ、「天照」や「1800年前の因縁」といった非常に重要そうな単語が飛び出していた一方、現代の妖巫女であるすずは祭里と一緒に滝行をしていました。

ドンパと戦った時に不甲斐ない結果に終わってしまった祭里たち。祭里はさらに心を鍛えるために滝行を始め、すずもそんな祭里に付き添う形で滝行に参加しました。祭里もすずも、お互いのために精進を重ねる姿勢が素晴らしいですね。

しかし、すずにとっては初めての滝行。しかも季節は冬。妖巫女装束の防寒機能でも防ぎきれない山水の寒さに、すずの身体は感覚がなくなるほど冷えきってしまいました。

流石に滝行初心者に冬の滝行はハードルが高かったか。隣で修行していた祭里も心配そうにすずの顔を覗き込んでいます。

これは滝行リタイアかなと思われたその時、すずが視界に捉えたのは祭里のTKBでした。

滝行によって祭里の修行着が濡れ、透けた胸元から薄っすら見えた祭里のTKB。それを見た瞬間、すずの冷えた身体には瞬く間にぬくもりが戻ってきました。

祭里の濡れ透けTKBを見たことによってすずに眠る妖巫女の力が目覚め、その生命力はすずの身体を温めるだけに留まらず、水に潜む小さな妖さえも活性化させました。

これによってすずは修行を続行できるようになり、すずは時折祭里のTKBをチラ見することで滝行を乗り切ることができたのでした。めでたしめでたし。

…って、私は何を書いているんだ…?何を実況させられているんだ…?

全くこのスケベヒロインはよぉ!せっかく”穢れ”について真面目な話をしてたってのによぉ!「お…ほおおぉ」とか言ってる場合じゃないんだよおおおお!!(笑)

感想/まとめ

“穢れ”の情報が解禁され、すずが新年からハレンチ全開だったお話でした。

“穢れ”についての新情報が出てくれたのは本当に嬉しいですね!半年も引っ張った割にあっさり種明かしされましたが、まあそれだけ恋緒の解析能力の高さと纏さんの勘の冴えが素晴らしかったということでしょう。

“穢れ”を生み出した黒幕(五行仙)も明らかになりましたし、「天照」という単語もまた見ることができました。さらには祓忍の祖先と天照(妖巫女)との1800年前からの因縁とか、非常に興味をそそられる話題まで出てきましたね!

やはり大昔の話や、昔から続く因縁といった言葉を聞くと非常にワクワクしてきますね!次回以降にどんな秘密が明かされるのか今から楽しみです!

それから…すずは年明けから平常運転でしたね(笑)。ジャンプラのコメント欄もすずへのツッコミで溢れかえっていました。あそこまできたらもう笑うしかありませんね(笑)。今年も元気そうでなによりです。

すずのハレンチはさておき、”穢れ”の話からどんどん物語の根幹部分へと踏み込み始めたあやかしトライアングル。果たしてどのような因縁があるのか、「天照」や「妖巫女」とはどういう存在なのか、気になることが多すぎてもう夜しか眠れません!!

原作もアニメも盛り上がってきましたね!!

それではまた次回!

単行本発売中!

あやかしトライアングル 12 (ジャンプコミックス)
夏休みに山へキャンプへやってきた祭里達。楽しく過ごすのも束の間、ヤヨは落武者の怨霊に遭遇してしまう! さらに怨霊はルーに取り憑いてしまい…。ノーパンで暴れるルーに集中力を欠いた祭里は、成す術もなく──!?

最新12巻は1月4日(水)発売!今日や!

あやかしトライアングルはジャンプラで!!

[1話]あやかしトライアングル - 矢吹健太朗 | 少年ジャンプ+
不思議な妖怪「妖(あやかし)」がいる日本。妖と戦う忍者「祓忍」の風巻祭里は、幼なじみで妖が好きな少女・花奏すずを守るべく日々妖と戦う。だがそこに猫の妖シロガネが現れて...?

アニメ情報はこちらから!

放送は1月9日(月)から!いよいよ来週だ!

TVアニメ「あやかしトライアングル」 公式サイト
『To LOVEる-とらぶる-』の矢吹健太朗、新境地!『あやかしトライアングル』TVアニメ化決定!

☚前回のお話                                 次のお話☞

これまでのお話はこちらから

あやかしトライアングル 各話一覧
あやかしトライアングルの各話一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1祭里とすずと妖矢吹先生の新連載! 第1話感想12オンナトモダチ 第2話感想13納得できない 第3話 感想14幼心の君 第4話 感想15神速の祓忍 第5...

コメント

タイトルとURLをコピーしました