【推しの子】第56話感想 「東京ブレイド」ついに開幕!

【推しの子】

※この記事はネタバレを含みます。

【推しの子】第56話「緒戦(しょせん)」が更新されました!

……………….!(※舞台観賞中につき私語は謹んでおります。)

それではこっそり感想を書いていきましょう(小声)。

【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス) | 赤坂 アカ, 横槍 メンゴ |本 | 通販 | Amazon
Amazonで赤坂 アカ, 横槍 メンゴの【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。赤坂 アカ, 横槍 メンゴ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
【推しの子】|ヤンジャン!|週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ
週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ「ヤンジャン!」です。話題の最新作から不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!

【推しの子】第56話「緒戦」

東京ブレイドの世界観

「東京ブレイド」の物語は、主人公(ブレイド)が一振りの刀を手に入れたところから始まる。

21本の「盟刀」と呼ばれる刀は持ち主に様々な力を与えることができ、全ての「盟刀」が最強と認めた者には国家を手にするほどができるほどの力「国盗り」の力がもたらされるという。

「国盗り」の力を知った主人公は数々の盟刀使いを打ち負かし、負かした相手を配下に加えながら国の王となるべく最強を目指す。といった物語。

う~ん、絶対面白い。これは普通に現実でも読みたいですね。王道バトルものって感じで、熱いアクションが見られそうです。

刀で戦うというだけでも浪漫があるのに、そこに超能力要素もあるため戦闘の幅が広い。キャラも服装も和っぽいテイストですが、舞台は現代なので銃とかロボット的な何かとの戦いとかもありそうですね。

しかもこういう作品って絶対達人キャラが出てきますよね。刀の達人おじいちゃんとかすごく人気が出そうですし、筆者もそういうキャラは大好きです。

刀も21本もあるのでいろんなキャラクターを生み出せそう。ざっとあらすじを紹介された限りではワクワクする要素しかありません。

アカ先生、メンゴ先生、【推しの子】が無事完結した暁には、ヤンジャンか週刊少年ジャンプで「東京ブレイド」連載待ってます。

週間ヤングジャンプ2021年No.42号 【推しの子】第56話より引用

メルトVS朔夜

さて、配下を増やし、着実に最強への道を進む主人公ですが、そこへ主人公率いる「新宿クラスタ」と対立する「新宿クラスタ」が立ちはだかる。その両陣営の戦いを描いた「渋谷抗争編」が今回の舞台のお話。

なお、「新宿クラスタ(主人公側)」は姫川、かなちゃん、メルト君が、「渋谷クラスタ(敵側)」はアクア、あかねちゃん、朔夜が演じています。

そして「渋谷抗争編」は、メルト君と朔夜の戦いから始まるのでした。

ふむ、以前メルト君と朔夜の確執が描かれたお話がありましたが、あの時の解決編をここに持ってきましたか。役者たるもの、見返すならばやはり舞台上でなくてはって感じでいいですね。

これまでのメルト君への態度から読者人気が最底辺まで落ち込んだと思われる朔夜ですが、悔しいかな演技の実力は本物。普段の自分の性格とは真逆のキャラクターでも完璧に再現し、雷田さんからもララライの役者達からも一目置かれるほどの実力がありました。

対するメルト君の評価は、雷田さん曰く「かろうじて及第点に指先が届くかどうか」。今回の舞台に出演できたのも鏑木が自分のお気に入りだからごり押しでねじ込んだとのこと。完全にコネなので演技の実力で言えば朔夜に遠く遠く及びません。

そんな雲泥の実力差があるメルト君と朔夜の対立。この実力差を埋められるかどうかはメルト君の努力の量にかかっています。

とはいえ、そもそものレベル差がありすぎますので今回の舞台でメルト君が朔夜を超えることは難しいとは思います。しかし、それでもメルト君を見る目を変えさせることはできるはず。

なに、自信を持っていい。メルト君は練習用の木刀の手元が血まみれになるほど努力を続けられる人なのだから。きっといい線行ってくれると信じています。鏑木もメルト君ががむしゃらに努力できるところを認めていますからね。

それに、今回は「今日あま」の原作者である吉祥寺先生もこの舞台を観ています。「今日あま」の時のメルト君の演技は散々で作品を台無しにしてしまったことから、吉祥寺先生は未だにメルト君を一人の役者として(というか人として?)認めていません。

そのため、メルト君の努力が報われるかどうかは、朔夜を超えることよりも吉祥寺先生に認めてもらえるかどうかが肝になると思います。

朔夜に罵られようと、ベテラン揃いの中で惨めな思いをしようと頑張ってきたメルト君の努力、吉祥寺先生を始め、雷田さんや観客の皆さんに伝わることを願って止みません。

今こそ努力の成果を魅せる時だ!頑張れメルト君!!

週間ヤングジャンプ2021年No.42号 【推しの子】第56話より引用

感想/まとめ

「東京ブレイド」のあらすじ、そしてメルト君と朔夜の対比のお話でした。

実力のある朔夜とコネで出演したメルト君の比較。わかってはいましたが、改めて客観的に説明されると結構絶望的ですね。

というか、メルト君に対する雷田さんの評価が思ってた以上に低い…?雷田さん、前にメルト君見ながら「なかなか仕上げてきてる」って言ってたので結構評価してるのかなと思っていましたが、もしかしてあれって「(「今日あま」よりは)なかなか仕上げてきてる」って意味だったんでしょうか。

筆者はメルト君の実力が舞台で通用すると認められて出演していると思っていましたから、この事実はちょっとだけショックでした。

しかし、これが現実。ぶり大根だった人が9か月程度の努力で実力派と肩を並べることなんてできません。それでも、実力派及ばずとも観客の心に爪痕を残す演技をすることはできるはず。

それに、これまで培ってきた努力はきっとメルト君の力になるはず。メルト君には是非、吉祥寺先生や雷田さん、そして読者に「おお!」と言わせるような演技をしてもらいたいと思っております。

それにしても、メルト君が努力できる人だと見抜いていた鏑木は流石の目利きですね。「今日あま」のときにかなちゃんを都合のいい女扱いしたことは気に食わないですが、こういうところは良い目をしています。

ところで、サブタイトルの「緒戦(しょせん)」ですが、これには「戦いや勝負の始めの段階。始まったばかり」という意味があるそうです。似た言葉の「初戦(しょせん)」は「最初の戦い」という意味ですから、別の言葉なんですね。筆者は初めて知りました。

この「緒戦」という言葉、メルト君と朔夜だけでなく、アクアやかなちゃんたちにもかかってる言葉ですね。まだ戦いは始まったばかりなので、これからどんどん戦いが過熱していくような気がしてとてもワクワクしてきます。ホント、先生方の言葉のセンスは素晴らしいですね。

さて、ついに開幕と相成った2.5次元舞台「東京ブレイド」。最初はメルト君と朔夜との戦い。

果たしてメルト君は朔夜に一矢報いることができるのか、そして吉祥寺先生や雷田さん、観客の皆さんに認めてもらうことはできるのか。

次回のお話も非常に楽しみです!

しかし!今回が4回目の掲載となるため来週は休載!祝日を挟むからまた2週間空くのかと思いましたが、9月30日再開だそうなので1週間の休載ですね。よかった~!

次回への期待を胸に1週間乗り切っていきたいと思います。

それではまた次回!

単行本発売中!

【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス) | 赤坂 アカ, 横槍 メンゴ |本 | 通販 | Amazon
Amazonで赤坂 アカ, 横槍 メンゴの【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。赤坂 アカ, 横槍 メンゴ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また【推しの子】 5 (ヤングジャンプコミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

【推しの子】はヤンジャン!アプリやジャンプ+アプリで読めます!(ジャンプ+は一週間遅れの更新です)

チケットで無料とか、初回無料とか、結構無料で読めるのでおススメです。

【推しの子】|ヤンジャン!|週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ
週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ「ヤンジャン!」です。話題の最新作から不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
少年ジャンプ+|人気オリジナル連載が全話無料!の最強WEBマンガ誌
アプリなら『SPY×FAMILY』『怪獣8号』などオリジナル連載が初回全話無料で読める!人気マンガを毎日無料で更新中。WEB発の新作や少年ジャンプの人気作、メディア化した大ヒット作まで充実のラインナップ。面白いマンガを先読みするなら「少年ジャンプ+」。

⇐前回のお話                            次のお話⇒

これまでのお話はこちらから

【推しの子】各話一覧
【推しの子】の話数一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1母と子新連載【推しの子】感想!赤坂アカ×横槍メンゴのタッグ結成!12兄と妹 【推しの子】第2話感想 赤子に転生した医師のその後は…13ベビーシッター 【推しの子...

コメント

タイトルとURLをコピーしました