あやかしトライアングル 第102話 感想

※この記事はネタバレを含みます。

どうも、重平です。

あやかしトライアングル第102話「駆ける猫娘」の感想です。

[102話]あやかしトライアングル - 矢吹健太朗 | 少年ジャンプ+
アニメ化決定!! 不思議な妖怪「妖(あやかし)」がいる日本。妖と戦う忍者「祓忍」の風巻祭里は、幼なじみで妖が好きな少女・花奏すずを守るべく日々妖と戦う。だがそこに猫の妖シロガネが現れて...?
あやかしトライアングル 9 (ジャンプコミックス)
自分がいないと祭里とシロガネを元の姿に戻せないと言い出したカゲメイ。友達になろうという彼女の申し出に祭里とすずは…!? そして学校では水泳の授業が! 止まるところを知らないすずの想いが暴走して…!?

あやかしトライアングル第102話「駆ける猫娘

すず・猫娘モード

すずとシロガネが融合して誕生したすずの猫娘モード。どうやら理屈としては、瀕死のシロガネを治療するために自分のオモカゲと同化させ、猫化したオモカゲを身に纏うことで猫娘の姿になっているようです。

シロガネの欠損した魄力(生命エネルギー)を補うために自分のオモカゲ(魄)を利用する。何としてもシロガネを助けたいという苦肉の策の結果が猫娘の姿なんですね。

また、シロガネ(妖)とオモカゲを同化させるという離れ業は“シロガネの意識が眠っていたからできた”と幼心のカナデは言っていました。この発言は少し興味深いですね。

妖側に意識があると融合はできないのでしょうか?いつでもどこでも融合できるというわけではなさそうです。すずと妖の融合できる条件が気になるところですね。

今回のすずとシロガネの融合は奇跡的な条件が重なったことによりすずが初めて発生させました。カナデの発言的に融合するにもいくつか条件がありそうな気もしますが、他の妖との融合もあるのかなと少し期待してしまいますね。

すずの色々な姿や様々な能力で活躍する姿をもっと見てみたいので、これからも他の妖との融合を見られたらいいなと思いました。

猫娘の強さ

シロガネとの融合を果たしたすず。見た目的に猫感が強くなったすずですが、本人の精神までも猫化していました。おもむろに自分の足を舐めて毛づくろいを始めるあたり、完全に猫ですね(笑)。

突然の融合に一瞬動揺したものの、特に攻めて来ないすずにとどめを刺そうとする雲外鏡。しかし、野生の本能で攻撃を察したすずは雲外鏡の攻撃を全て回避。複雑に反射する何本ものビームを全て避ける身のこなしは、柔軟さと素早さを併せ持つ猫だからこそできる芸当でしょう。

攻撃を躱された雲外鏡はバラバラに行っていた攻撃を一点に集中させ“鏡光閃・極”という極太ビームを放つも、すずはそれも華麗に回避。そのまま雲外鏡の背中に張り付き首筋に歯を立てると、雲外鏡の中から”穢れ”を引き摺りだしました。

そしてそのまま“穢れ”を捕食して生命力で浄化。これには体内のカナデもドン引き。穢れって浄化できたんだ…。

体内から”穢れ”が消えたことで雲外鏡は力を失い、元の手鏡の姿に戻りました。それと同時に鏡界の崩壊が始まりました。

崩壊に巻き込まれまいと雲外鏡を連れて必死に逃げ回るすず。そこへ、すずたちを助けようと祭里が鏡界の門を開いてくれたことで、すずと雲外鏡は無事に鏡界から脱出することができました。

元に戻った雲外鏡を見て安堵の表情を浮かべるラチカ。一方、すずは本能の赴くままに祭里にベタベタに甘えていました。何と言うか、予想通りですね(笑)。

猫化したすずにより雲外鏡の”穢れ”騒動は一件落着。可愛らしい見た目ながらも確かな強さも見せつけた猫娘。またいつかすずの猫娘姿が見られるといいなと思ったお話でした。

感想/まとめ

猫娘が強いお話でした。

今回はすずの猫娘モードの活躍が見られましたね。見た目は大きく変わりましたが性格とかどうなるんだろうと思っていたら、まさか猫そのものになっているとは(笑)。

シロガネや雲外鏡を助けたいという明確な意思が描写されているのですずの意識は残っていると思うのですが、”穢れ”を食べたり祭里にベタベタに甘えているところを見るに、本能の自制が効かなくなっているみたいですね。本物の猫みたいで可愛いので、これはこれでアリだと思います。

しかし、可愛いながらも猫娘の強さは本物でした。猫というワードから期待していた通り、しなやかで俊敏な動きで雲外鏡の攻撃を全て回避。一瞬で雲外鏡のもとまで辿り着きましたね。あの複雑に反射するビームや極太ビームを躱せる俊敏さは、まさに猫ならではの芸当でしょう。

やはり融合して強くなるという展開は熱い。融合に至るためにはいくつか条件がありそうではありますが、これからも色んな妖と融合したすずを見てみたいですね。

また、猫娘のすずは”穢れ”を捕食して浄化するといった芸当を見せてくれました。そのシーンから、“穢れ”は妖巫女の力(生命力)で浄化できるということが判明しましたね。これは後々大事になってきそうです。

“穢れ”が妖巫女の力で浄化できるとなると、”穢れ”にとって妖巫女は天敵ということになりそうです。だから”穢れ”に憑かれた妖は妖巫女を排除しようと(させようと)躍起になるんでしょうね。やはり”穢れ”と妖巫女には何かしらの関係性がありそうです。

この”穢れ”については情報があまりにも少なく、随分と情報を小出しにしている印象があります。日喰やカゲメイの時とは明らかに違う見せ方をしてきていますね。

果たして、この”穢れ”の先には一体どんなラスボスが待ち構えているのでしょうか。そして、それに対峙するすずとシロガネはこれからどんな成長を見せてくれるのでしょうか。この先の展開が楽しみでワクワクしてきますね。

それではまた次回!

単行本発売中!

あやかしトライアングル 9 (ジャンプコミックス)
自分がいないと祭里とシロガネを元の姿に戻せないと言い出したカゲメイ。友達になろうという彼女の申し出に祭里とすずは…!? そして学校では水泳の授業が! 止まるところを知らないすずの想いが暴走して…!?

あやかしトライアングルはジャンプラで!!

[1話]あやかしトライアングル - 矢吹健太朗 | 少年ジャンプ+
不思議な妖怪「妖(あやかし)」がいる日本。妖と戦う忍者「祓忍」の風巻祭里は、幼なじみで妖が好きな少女・花奏すずを守るべく日々妖と戦う。だがそこに猫の妖シロガネが現れて...?

☚前回のお話                                 次のお話☞

これまでのお話はこちらから

あやかしトライアングル 各話一覧
あやかしトライアングルの各話一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1祭里とすずと妖矢吹先生の新連載! 第1話感想12オンナトモダチ 第2話感想13納得できない 第3話 感想14幼心の君 第4話 感想15神速の祓忍 第5...

コメント

タイトルとURLをコピーしました