【推しの子】第123話感想 光ルビー復活!!しかし…

【推しの子】

※この記事はネタバレを含みます。

【推しの子】第123話「悪手」が更新されました!

前回はようやくアクアとルビーがお互いの前世を知りましたね。今回は感動的な再会を果たした吾郎(アクア)とさりな(ルビー)の続きのお話になります。

まあ、結論を言ってしまえば今回でルビーは救われたんですが…なんだか面白いことになっちゃいましたね…。まあ、兄妹仲が良くなることに越したことはないんじゃないですかね…?

それでは感想を書いていきましょう!

最新話最速配信は「ヤンジャン!」アプリで! | 【推しの子】 | 第一話 | 集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
【推しの子】 11 (ヤングジャンプコミックス)
「子供達の心と人生を壊しながらこの芸能界は回っているの」 アイとゴローを死に追いやった真犯人への怒りを強く抱くルビーは、至る所で亀裂を生みながらも芸能界を駆け上がる。アクアも斉藤壱護との対話で自らの思考の誤りに気付き、復讐心が再燃する事に。...

【推しの子】第123話「悪手」

ルビーの本心

アクアが吾郎の生まれ変わりだったことを知り、ルビーはこれまで胸に秘めていた本音を語り始めました。

吾郎に見つけてもらうためにアイドル活動を頑張っていたこと、アイや「B小町」のことを忘れられていないか不安だったこと、そして、嘘を吐くのが辛かったこと。

闇堕ち後のルビーは嘘を吐いたり人を嵌めたりするような言動を取ることがありましたが、アイと吾郎の無念を晴らすためとはいえ、本心ではそれを心苦しく思っていたようです。

ルビーは嘘を吐く度に自分の理想の姿と今の自分の姿との乖離に苦しんでいました。闇堕ち後は嘘を吐く方が自分に合ってる的なことも言っていましたが、やはりルビーは闇堕ち以前の「嘘はイヤだ」と言っていたあの頃の性格の方が理想に近かったんですね。

アイが「嘘は愛」と言うほど自分を嘘で塗り固めていたので、ルビーもアイに倣って嘘を吐こうとしていたみたいですが、ルビーにはその方向性は合わなかったようです。

ルビーは次々と本音を打ち明け、それをアクアが肯定してくれたことで、ルビーの瞳には以前のような光が戻ってきました。

もはや懐かしいルビーの瞳の輝き。一度はどん底まで落ち込んだルビーですが、光が戻ってきてくれたようでなによりです。これからルビーはさらなる躍進を遂げるのでしょうか。光が戻ったルビーの活躍がとても楽しみですね。

週刊ヤングジャンプ2023年No.32 【推しの子】第123話より引用

幼女の反応

ルビーが救われたことで絶対何か言ってくるだろと思ってましたが、やっぱり謎の幼女が登場しましたね。ルビーの心を救い復讐の呪縛から解き放ったアクアをお説教しに来たようです。

ルビーは立ち直り、アクアの計画通りに映画は制作される。なんならルビーはさらに躍進するかもしれない。でもそれは悪手だと幼女は言いました。さらに、これはアクアの甘さが招いた明確な失敗だとも。なかなか厳しいことを言う幼女ですね。

しかし、筆者としては少々疑問を感じます。何故幼女はルビーを復讐の連鎖に取り込もうとし、ルビーが立ち直ることを”悪手”とまで言うのでしょうか。

筆者から見れば、犯人探しは「カミキヒカル」に目星を付けるところまで進んでいるし、映画製作も始まって復讐の準備も着々と進んでいるし、未だにルビーを闇堕ちさせておく必要はなさそうに思えます。兄妹仲も悪いよりは仲が良い方がいろいろ都合がいいと思うのですが、幼女は何故ルビーを立ち直らせることに反対の姿勢を見せているのでしょうか。

度々”使命”とかなんとか言ってますし、何か読者にはわからない真実を知っているからこその発言なのでしょうか。存在自体が謎過ぎる幼女ですが、考え方も未だによくわからないですね…。

これまでの言動を見るに、幼女がアクアとルビーに復讐させようとしているのはわかります。ただ、アクアのやり方に口を出すこともあることから、復讐はどんな形でもいいというわけではなく”使命”というものを果たさせようとしているようです。

おそらく幼女はアクアとルビーに”使命”を果たさせるべく行動しているのだと思いますが、この”使命”が何なのかよくわからないんですよね。(ていうか”使命”って誰から与えられたものやねん)

幼女の存在も”使命”の内容もまだよくわかりませんが、これら後々明らかにされるかもしれません。幼女の言動はこれからも注意深く見ていきたいですね。

週刊ヤングジャンプ2023年No.32 【推しの子】第123話より引用

…正気か?

アクアの前世を知り、自分の本音を明かしたことでルビーは立ち直りました。

両目も闇堕ち以前の状態に戻り、これからはまた光ルビーとして大きく羽ばたいてくれるのだろうという期待を感じさせてくれます。やっぱりルビーは明るい顔をしてる方が似合っていますね。

これで一件落着!よかったよかった!と締めたいところですが、ルビーは最後に爆弾発言を残しやがりましたね…。

ルビーの爆弾発言、それは前世の吾郎とさりなとの会話に遡ります。前世の会話の中で、吾郎はさりなに対し「16歳になったら結婚してやる(真面目に考えてやる)」と言っていました。

傍から見ればそれは会話の中で出た冗談のようなもの。しかし、その言葉を覚えていたルビーは、アクアの方を向いて「せんせ?私もう16歳になったよ?」と呟いたのでした…。

いやいやいやいやいやいや!あかんて!ルビーそれはあかんて!!確かに中身は他人じゃけど、肉体的には血を分けた親族じゃって!完全にメスの顔しとるけど近親なんちゃらはいろいろとアウトじゃって!!!!!

いやとんでもないこと言い出しましたねこの子は。距離的にアクアには聞こえてないからよかったものの、おもしれーことになっちまいましたよこの兄妹…。幼女が悪手と言ったのはもしかしたらこの状況のことかもしれない。

ルビーは前世も現世も吾郎にゾッコンなのはわかっていましたが、まさか吾郎が生まれ変わっても狙いに来るとは。少なくとも16年以上は抱き続けた恋心ですし、これは愛が重そうやでぇ…。(16年かぁ…)

復讐に向かってバリバリ進んで行く最中にまた一人ヒロインが増えてしまいました。しかも超身近なところに。これは重曹ちゃんとあかねちゃんの反応が楽しみですぜ。

ルビーが救われてアクアとの兄妹仲が良くなればいいなと思っていたら、一線を越えそうな勢いで関係が修復されました。ちょっと危うい気もしますが、次回以降のアクアとルビーの絡みも楽しみになりましたね。

週刊ヤングジャンプ2023年No.32 【推しの子】第123話より引用

感想/まとめ

ルビーの瞳に光が戻り、最後にとんでも発言をかましたお話でした。

ルビーが救われてよかったですね。まだ少し立ち直るだけかと思ってましたが、瞳の星も元に戻りましたし、思ってた以上に救われたようです。

アクアの前世を明かせばルビーは救われると思っていましたがここまで効果があるとは。それだけルビーにとって吾郎の存在は大きかったんですね。本音も打ち明けて、さっぱりした顔で前を向くルビーはとても良い表情をしています。また明るい笑顔で素晴らしい活躍を見せてくれることに期待したいですね。

まあ、最後の爆弾発言には驚きましたが…。生まれ変わって双子の兄妹となった吾郎とさりなですが、さりなはまだ吾郎のことを諦めていないようです。

映画制作も始まり復讐に向けてどんどん突き進んでいく最中にラブコメのヒロインを増やすとは。こいつは面白いことになってしまいました。重曹ちゃんとあかねちゃんの反応も気になりますし、お互いの前世を知ったアクアとルビーがこれからどんな絡みを見せてくれるのか楽しみですね。

それと、謎の幼女はやっぱり登場しましたね。ルビーを立ち直らせたことについて「悪手だ」と言っていましたが、やっぱり幼女の考えは未だによくわかりませんね…。

また、幼女が最後に言っていた「君(アクア)からしたら嫌われていた方が楽だった筈なのに」という台詞も気になりますね。この発言はアクアのことをよく知っていないと出てこない台詞だと思いますが、幼女はアクアの性格や考えについてどこまで知っているのでしょうか。

この幼女は事件の真相やアクアの復讐についてどこまで知っているのか、そもそもどこの誰なのか、今後も幼女の言動には注目していきたいですね。

さて、光ルビーの復活と爆弾発言で面白くなってきたところですが、来週の【推しの子】は休載です。(再開は7/20(木)のヤンジャンから)

あれ?ついこの間休載が挟まったばかりだと思ったんですが、今回はサイクル休載ではなさそうですね。第12巻の発売と同時に【推しの子】の画集も発売するとの情報もありましたし、そういった関係でお忙しいのでしょうか。

アニメは終わってしまいましたが、その後も忙しさが続いているというのはファンとして喜ばしいこと。原作の休載が増えてしまうのは残念ですが、再開をゆっくり待ちたいと思います。

単行本1200万部突破!【推しの子】の画集も発売!?

【推しの子】の単行本がシリーズ累計1200万部を突破したとのこと!おめでとうございます!!(よく見たら先週の時点で1200万部突破って書いてありましたし、TLも盛り上がってましたね)

もう凄いところまで来ましたね。アニメ化の反響もあって一気にいった印象です。

1000万部突破いつだっけ?と思ってヤンジャン振り返ってみたら、およそ4週間前の第29号では900万部突破と書かれていたのに、その2週間後の第31号では1200万部突破と書かれていました。どうやらその2週間の間に300万部ほど集計が追加された模様。一体なにがどうなっているんだ…。

加えて、アニメ放送前と放送後で比べてみるとさらに驚き。アニメ放送開始直後(ヤンジャン第20号あたり)は500万部くらいだったので、この3、4か月で700万部ほど増えたみたいですね。いやとんでもない勢いですね。アニメが放送されたからってこんなに売れるものなんでしょうか。

単行本が出た当初から結構な勢いで売れている印象でしたが、アニメ放送後はとんでもなく勢いを増していますね。【推しの子】がこれだけ売れているのを見ると、一ファンとしても非常に喜ばしい限りです。この勢いで【推しの子】がさらに多くの人に知れ渡ってくれると嬉しいですね。

そして!単行本第12巻発売と同時に、【推しの子】の画集も発売することが決定!!これは嬉しい!!

収録されているイラストはなんと130点以上!メンゴ先生のイラストはどれも魅力的ですからね。これまで扉絵とかヤンジャンとかで公開されていたイラストを一気に振り返ることができるのは嬉しいです。

その他の内容については帯にいろいろと書いてあるのですが、どれも興味をそそられるものばかりで内容が気になります。メンゴ先生も人生初の画集とのことで相当力が入っていると期待できますし、これは絶対買いですね!!

単行本も画集も、発売日の7/19(水)が楽しみですね!

それではまた次回!

単行本発売中!

【推しの子】 11 (ヤングジャンプコミックス)
「子供達の心と人生を壊しながらこの芸能界は回っているの」 アイとゴローを死に追いやった真犯人への怒りを強く抱くルビーは、至る所で亀裂を生みながらも芸能界を駆け上がる。アクアも斉藤壱護との対話で自らの思考の誤りに気付き、復讐心が再燃する事に。...

最新12巻は7/19(水)発売!【推しの子】の画集も同時発売!!

【推しの子】はヤンジャン!アプリやジャンプ+アプリなどで読めます!(ジャンプ+は一週間遅れの更新です)

チケットで無料とか、初回無料とか、結構無料で読めるのでおススメです。

最新話最速配信は「ヤンジャン!」アプリで! | 【推しの子】 | 第一話 | 集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
[第一話]【推しの子】 - 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+
毎週水曜日TOKYO MX他にてTVアニメ放送中!『かぐや様は告らせたい』の赤坂アカが横槍メンゴとの豪華タッグで描く舞台は芸能界!![週刊ヤングジャンプでも連載中]

アニメ【推しの子】第二期決定!!「アイドル」と「メフィスト」とメムさんの動画とぴえヨンブートダンスも是非!!!(推したい動画が多すぎる!)

アニメ『【推しの子】』公式サイト
「この芸能界において嘘は武器だ」赤坂アカ×横槍メンゴの豪華タッグが全く新しい切り口で”芸能界”を描く衝撃作、ついにアニメ化決定!
YOASOBI「アイドル」 Official Music Video
Streaming & Download : : Ayase ( : ikura ( Cho...
女王蜂『メフィスト(Mephisto)』Official MV
▼女王蜂『メフィスト(Mephisto)』Streaming/Download ▼TVアニメ「【推しの子】」ノンクレジットエンディング映像『メフィス...
【初登場】初めまして!MEMちょです!【TVアニメ【推しの子】2023年4月より放送開始】
【推しの子】に登場する人気ユーチューバーMEMちょがYouTube【推しの子】チャンネルに登場。自己紹介動画を公開!TVアニメ【推しの子】宣伝隊長として今後も活動予定!やってほしいことやメッセージなどを是非下記のメッセージフォームよりご投稿...
【1時間耐久】TVアニメ『【推しの子】』/「ぴえヨンブートダンス」ダンス映像
ピヨピヨピヨ~! ぴえヨンちゃんねる~!さあ、ぴえヨンブートダンス(耐久)、はじまるよー!「ぴえヨンブートダンス」1コーラスバージョンはこちら→振付・ダンサー:Sho from YZ Entertainment.✦MUSIC✦「...

⇐前回のお話                            次のお話⇒

これまでのお話はこちらから

【推しの子】各話一覧
【推しの子】の話数一覧です。 話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1母と子新連載【推しの子】感想!赤坂アカ×横槍メンゴのタッグ結成!12兄と妹 【推しの子】第2話感想 赤子に転生した医師のその後は…13ベビーシッター 【推しの子】第3話...

コメント

  1. TGLLC#★! より:

    疫病神「結局君(アクア)は復讐向いてないんだよ」
    遂に我々が思っていることをが公式で言われてしまった。

    • 重平 重平 より:

      TGLLC#★!さん、ありがとうございます!
      結構気になる発言でしたね。薄々感じていたことではありましたが、やはりそうなのかと…。アクアの精神状態がとても心配です…。

  2. TGLLC#★! より:

    疫病神「それは悪手だよ」
    これは2つあると思う。まずようつべのコメ欄ではこう書かれていた。「アクアとカミキヒカル」って容姿が似ていると…因みにこの2人ってあかねですら見抜けなかったんですよ。今まで嫌われていたから警戒心が強かったルビーだが前世分かってから完全にアクアloveになっているわけです。そうなるとアクアに変装したカミキがルビーに近づいて若しもルビーが「お兄ちゃん」っていって抱き着いていったら完全にやられる。もう1つ…これはアクア視点ですが、アクアはアイが殺されてからずっと復讐のために生きていた。B小町に重曹とMEMを誘ったのも、アイのスキャンダルを暴露したのも…実際には自分が消えていなくなった時のルビーの居場所を守るため。重曹とMEMならルビーを任せられる。だからこの2人をアクアは誘ったって自分は考えております。だけど今回前世を明かしたことにより、ルビーを置いて死ぬことができなくなってしまったアクア
    以上2つの点から悪手なんじゃないか…と

    • 重平 重平 より:

      TGLLC#★!さん、ありがとうございます!
      面白い解釈ですね。「悪手」というセリフはいろいろ解釈が別れるところだと思います。
      それにしても、「悪手」って意味深な言葉ですよね…。いつかこの言葉の意味がわかる日が来るのでしょうか…。

  3. TGLLC#★! より:

    此の回はアクアとルビーが本当の意味で家族になれた神回な気がする。そういうと今までは家族じゃなかったんか?って言われてしまうかもしれないですけど…自分推しの子結構好きで原作も買って読み返したりしているんですけど、まず原作だと22話かなルビーの「仮にも私は妹なわけで…」ってセリフがあります。言い換えると「他人だけど一応肉体は兄妹だから」的な感じかな?何かこれが伏線になっている気がする。話が進んでいって106話、アイ暴露でルビーが部ちぎれたシーン「今までのアクアはどんな時もアイに我武者羅で私は家族として絆のようなものを感じていた…私はもうアクアの事家族だなんて思わないから」ってセリフ…アクアのことを家族だとは思ってないけど、それでも家族のような絆があった。何か同じこと言ってるな…122話で「アクアのことを本当の家族だと思ってない。偶々同じ所に生まれただけの他人」とはっきり明言するわけです。だけどアクアが吾郎だと分かり、アイの復讐のことを教えてもらったことにより、アクルビは和解します。そして最後のセリフ「16歳になったら結婚してくれるって言ったよね?せんせ、私もう16歳になったよ」これは多分さりなちゃんとして吾郎に「結婚しよう」と言っている。もう一つはルビーとしてアクアに「もう一度やり直して『ゼロから』家族になろう」という意味が含まれているんじゃないかと思ってる!

    • 重平 重平 より:

      TGLLC#!さん、ありがとうございます!
      良いお話ですよね!
      二人が本当の家族になれたというのは私も同感です。私としては前世も含めて「アクア」と「ルビー」という存在だと思っているので、二人が前世を受け入れた上で和解できたのは感慨深い気持ちになりましたね。

  4. TGLLC#★! より:

    前世バレする前、一部推しの子ファンではアクルビが前世バレしてもルビーは救われないだろうと言われていた。何故なら、アクアはルビーにとって当時アイの秘密を暴露した裏切り者。その裏切り者が吾郎だと知ったらどうなるか?幻滅するだろうと…僕も実はこっち側だった!でも結果はアクアが吾郎だと分かって、闇からも解放され、更にアクアとも和解できた。多分なんだけどルビーの中で「裏切り者のアクアが吾郎で幻滅した」よりも「大好きな吾郎がアクアとして生きていたことが嬉しかった」の方が上だったからじゃないか?

    後は疫病神なんだが、始めてアクアと対面したとき「彼女は使命を果たそうとしている」と言っていた。この彼女というのは恐らくルビーのことだろう。当時のルビーは吾郎の復讐を果たす為に闇堕ちしている。だからあいつは元々ルビーに復讐してほしかったと考えるのが妥当なのかと…だからこそルビーが吾郎の死体を発見して落ち込んでいたとき、教えたことが「吾郎はアクアに転生している」ではなく怪しい人物2人の話だった。じゃあ何でルビーに復讐させたいかって言ったら、アクアが今までやってきた復讐劇をルビーに体験させたかったという何とも悍ましい理由なのではないかと…

    • 重平 重平 より:

      TGLLC#!さん、ありがとうございます!
      へー、当時はそんな意見もあったんですね。確かに、吾郎を裏切り者と認識してルビーが救われないかもというのも一理ある…。
      そんなルビーが吾郎に幻滅しなかった理由としては、私も概ねTGLLC#!さんの意見に同意です。想像以上に吾郎好きでしたからねルビー。
      疫病神ちゃんはイマイチ動機がよくわからないですね…。ルビー闇堕ち時の言動から本来はルビーに復讐させたいのかな?と考えはしましたが、そもそもなぜルビーなのか。
      今後のお話の中で使命とやらが明らかになってくれることを期待しています。

      • TGLLC#★! より:

        吾郎のことが大好きだったからこそちゃんと聞きたかったんじゃないかな?「何でママの秘密を暴いてしまったのか?」その似たようなセリフが「アクアのこと信じてたのに、ママのこと売るような真似してさこの世に信じられる人なんて一人もいないって思ったよ」

        • 重平 重平 より:

          TGLLC#!さん、ありがとうございます!
          当時のルビーが非常に辛い思いをしていたことがわかるセリフですよね…。

タイトルとURLをコピーしました