あやかしトライアングル 第60話 感想

アニメ・漫画感想/紹介

※この記事はネタバレを含みます。

どうも、重平です。

あやかしトライアングル第60話「もう一度だけ」の感想です。

あやかしトライアングル 5 (ジャンプコミックス) | 矢吹 健太朗 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで矢吹 健太朗のあやかしトライアングル 5 (ジャンプコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。矢吹 健太朗作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またあやかしトライアングル 5 (ジャンプコミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

あやかしトライアングル第60話「もう一度だけ

祭里の秘策

すずを救うためにすず(カゲメイ)の前に立ちはだかった祭里。眠らされているすずの意識を取り戻すために祭里がとった行動とは、熱い接吻でした。

週刊少年ジャンプ 2021年42号 あやかしトライアングル第60話より引用

や、やったッ!!

流石祭里ッ!母親の前で熱いキッスをするだなんてッ!!きっと祭里ならやってくれると信じていました!そこに痺れるあこがれるぅうう!!

と、盛り上がってしまいましたが、これは単なる愛情表現に非ず。祭里はキッスすると同時にルーを助けるときや縊鬼と戦った時に使った”不浄吸扇”を発動し、すずの体内から直接カゲメイを吸い出そうとしたのです。

しかし、強力な妖ほど抵抗力も強く、さらにカゲメイは唇が触れていることで祭里に直接生命力を送りこむことができてしまいます。

カゲメイをすずから引き離せる可能性がある一方で、同時に自分の命が危険にさらされてしまう。まさに命がけの捨て身の作戦です。

自分に何ができるのかを新権威考えた結果キスからの”不浄吸扇”という行動をとった祭里からは、好きな人のために迷わず自分の命をかけられるという漢気と、すずへの信頼と愛が感じられました。

すずの目覚め

祭里がキスしてきたことに驚いたものの、すぐに落ち着きを取り戻し、祭里へ過剰な生命力を送り込もうとしたカゲメイ。しかし、精神世界では既にすずが目覚めており、カゲメイが使おうとする生命力のコントロールを阻害していたのでした。

精神世界でのすずとカゲメイの対面。どんなやり取りが交わされるのかと思いきや、すずは殆ど間を空けずに「(今祭里とキス中だから)今すぐどいてください」と言って、カゲメイを体内から追い出しにかかりました。

祭里のキスの相手を今すぐ代わりたいという、すずのとてつもなく強い気持ちが感じられます。

外からの祭里の”不浄吸扇”と、内側からのすずの強い気持ちに追いやられ、カゲメイは抵抗むなしくすずの体内から追い出されてしまいました。一体どんだけ祭里とキスしたかったんだ。

外に出たカゲメイは日喰想介の助力で宗牙パイセンの奇襲を躱すと、そのまま日喰を連れてどこかへ消えてしまったのでした。

週刊少年ジャンプ 2021年42号 あやかしトライアングル第60話より引用

もう一人のすず

すずの精神世界といえば、もう一人の人格が存在していましたね。彼女はこれまで示唆されてきたとおり、転生の記憶を持つ”花奏すずの本来の人格”でした。

転生の記憶を持っているということは、すなわち人間を恨みながら死んでいった比良坂命依の記憶も引き継いでいます。すずの体内からカゲメイが追い出される直前、カゲメイが何もしないもう一人のすずに向かって「何してるの!!」叫んでいたことから、本来はすずが「人の世を終わらせる」役目を持っていたのでしょう。

しかし、転生の記憶を持つ本来のすずの人格は祭里と出会ったことでもう一度だけ人を信じてみようと心変わりしており、転生の記憶を持たない”花奏すず”の人格で人の世を生きていくことにしていました。

そのため、本来の人格のすずは特に干渉せず、カゲメイが追い出されていくのをただ見ていたのでした。

もし、この時代に祭里が居なかったら、もしくは、祭里とすずが出会ってもすずの心を変えることができていなかったら、今頃は”花奏すず”が人の世を終わらせようとしていかもしれない。そう考えると恐ろしさを感じると同時に、祭里が居てくれて本当によかったと思いました。

感想/まとめ

祭里の捨て身の行動によって、無事にすずを取り戻すことができました。祭里の勇気と行動にあっぱれです。

にしても、母親の前での見せつけキッスは熱かったですねぇ…。意識が戻った後のすずも満足のいくものだったのではないでしょうか。今回はえっちぃ描写はありませんでしたが、妙にドキドキしてしまいました(いや、キスが十分えっちかったか)。

すずを取り戻せてよかったよかったと思いきや、最後にカゲメイが祭里をマークした上に逃げてしまいましたね。てっきりあと1、2話使ってでも今回でカゲメイ討伐までやってしまうのかと思っていましたが、カゲメイと祭里たちの対立はまだ続きそうですね。

それから、祭里母が出てくる事態になっただけに、すずの今後の扱いも心配です。結果的に祭里と纏意外の死傷者を出さなかったからいいものの、祓忍衆が妖巫女(すず)を脅威とみなさないか不安です。もしすずに何か不利益になるようなことがあれば、その時は祭里がしっかりとすずを守ってあげてほしいですね。

さて、祭里をマークしたカゲメイはこれからどんな手段で祭里を襲ってくるのか、そして、すずの身柄は保証されるのか。

次のお話も楽しみですね。

人気投票結果!

あやかしトライアングル第1回人気投票結果発表~!!

さあやって参りましたあやかしトライアングル第1回人気投票の結果発表!応募総数13215票の中から選ばれた、記念すべき第1回目に1位を飾るのは誰だ!?

ドンッ!!

週刊少年ジャンプ 2021年42号 より引用

あやかしトライアングル第1回目の人気投票で1位に輝いたのは、我らがメインヒロインの「花奏すず」だ!!おめでとう!!

そして、2位が祭里、3位がラチカ、4位がルーシーで、5位がシロガネという顔ぶれ。TOP5は大体読者が予想した通りになったのではないでしょうか。

すずが一位に輝くとは、みんなムチムチなふとももが大好きなんですね。性癖に正直でよろしい。

というのは2割冗談8割本気なのですが、そういった身体の特徴以外にも、妖巫女という神秘的かつ作中最強クラスの実力を秘めていることや、明るいて優しい性格に三大欲求が強いというキャラ設定、その他メインヒロインとしての活躍の数々など、1位人気を獲得するにふさわしいキャラクターと言えるでしょう。

てっきり第1回目は主人公の祭里(女)が持っていくと思っていましたが、祭里(女)の順位は2位でした。それでも1位のすずと59票差とかなりの接戦。祭里(女)も相当な人気があることが窺えます。

祭里(女)は可愛いくてかっこよくて胸も大きいですからね。主人公としての活躍も申し分ないですし、なにより主人公なのにラッキースケベに”巻き込まれる側”というのが面白いですね。

二人のキャラ立ちや活躍からして、すずと祭里が僅差で1位2位に輝いたのは当然の結果と言えるでしょう。

そして、3位にはラチカがランクイン。読者はみんな銀髪ロリが大好きだということが白日の下にさらされました。筆者も大好きです。

4位にはヤヨルーでお馴染みのルーシーがランクイン。ルーシーは登場当初から人気がありそう感じがしていたのでTOP5にランクインしたのは納得の結果でした。

5位にはシロガネがランクイン。正直マスコットキャラクターはもう少し順位が下になるかとも思ったのですが、もちもちまんじゅう猫ちゃんはかなり人気があったようですね。ただ、シロガネの本来の姿での戦いや、過去の回想シーンなどもありましたので、ただ可愛いだけではなく、一匹のキャラクターとして確立されていましたので、こちらも納得の順位と言えるでしょう。

さて、TOP5に向けての筆者の意見はこれくらいにして、本題はここから!!

筆者の推しているヤヨこと「鳥羽弥生」が何位にランクインしていたか!

相方のルーが4位にランクインする中、ヤヨの順位は11位!!

よっしゃ!辛うじて顔写真が載る順位!十の位を取り除いたら実質1位です!!(無理がある)

11位というこの順位、初期から登場してるキャラなのにTOP10に入れなかった点は残念に思います。ヤヨは最近までキャラが深堀されず、周りに比べてあまりキャラが立っていなかったので致し方ないのかなと思います。しかし、人気投票開催時には活躍の場面がまだ少なかったにも関わらず、247票も票を集めているのは凄いことだと言えるのではないでしょうか。

それに、ヤヨの活躍は人気投票の集計後にありますからね。縊鬼戦を経た今ならば、読者も少し見る目が変わっているはず。第2回の人気投票ではTOP10入りできるのではないかと期待しています。

というか、もっとヤヨルーの活躍の場面を増やしてください。祭里とすずの友人である二人の活躍をもっともっと見たいんじゃ~!

さて、あやかしトライアングル第1回人気投票の結果はいかがだったでしょうか。推しキャラが上位にランクインしていた方もしていなかった方も、一票を入れることで推しに貢献することができたのではないでしょうか。

これからますます面白くなっていくと思われるあやかしトライアングル、魅力的なキャラクター達がどんな活躍をしてくれるのか楽しみですね。

告知 ToLoveる原画展

ToLoveるの原画展が2021年11月6日(土)~15日(月)にかけて、東京ソラマチで開催されるそうです。

ToLoveるがスカイツリーの足元で原画展って、凄い時代が来たもんだ。詳細は矢吹先生の公式ツイッターなどで告知されるそうですので、気になる方は矢吹先生のツイッターをチェックだ!

週刊少年ジャンプ 2021年42号 より引用

それではまた次回!

単行本発売中!

あやかしトライアングル 5 (ジャンプコミックス) | 矢吹 健太朗 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで矢吹 健太朗のあやかしトライアングル 5 (ジャンプコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。矢吹 健太朗作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またあやかしトライアングル 5 (ジャンプコミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

最新6巻は10月4日(月)発売!

ジャンプ読むならジャンプ+!

少年ジャンプ+|人気オリジナル連載が全話無料!の最強WEBマンガ誌
アプリなら『SPY×FAMILY』『怪獣8号』などオリジナル連載が初回全話無料で読める!人気マンガを毎日無料で更新中。WEB発の新作や少年ジャンプの人気作、メディア化した大ヒット作まで充実のラインナップ。面白いマンガを先読みするなら「少年ジャンプ+」。

☚前回のお話                                 次のお話☞

これまでのお話はこちらから

あやかしトライアングル 各話一覧
あやかしトライアングルの各話一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1祭里とすずと妖矢吹先生の新連載! 第1話感想12オンナトモダチ 第2話感想13納得できない 第3話 感想14幼心の君 第4話 感想15神速の祓忍 第5...

コメント

タイトルとURLをコピーしました