【推しの子】第93話感想 アクアの問いにルビーは…

【推しの子】

※この記事はネタバレを含みます。

【推しの子】第93話「リーク」が更新されました!

前回のお話で番組の炎上騒動は一段落しましたね。そして最後にアクアがルビーを問いただし始めたと…。

アクアの質問にルビーはなんて答えるのかとヒヤヒヤしていた一週間。ついにその時がやってきたわけですが…なかなかショッキングでしたね。ルビーも変わっちまったもんだ…。

ルビーの意見もある意味真理ではあるのですが、これを受け入れられるかどうかは人それぞれですかね。

さて、それでは感想を書いていきましょう。

【推しの子】 | ヤンジャン!|集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
【推しの子】 8 (ヤングジャンプコミックス)
「私アクアくんとなら……キスだってHだってやじゃないよ?」 第六章プライベート、展開中!! 星野アクアは、自身の父親の現状を知り、“芸能界”への復讐心は下火となっていた。一方、星野ルビーら新生『B小町』はユーチューブでの人気テコ入れの為、MV撮影を決意!! 2.5次元舞台の慰安も兼ねて、アクアや黒川あかねも帯同して、“...

【推しの子】第93話「リーク

ルビーの狙い

「どこからがお前の仕込みだ?」とアクアに問われたルビー。質問への答え方が妙に遠回しだったりすっとぼけてたりして何だか悪役のそれみたいです。

最近のルビーの動きはどう見ても吉住ADを懐柔しにかかっているなと思っていましたが、ルビーの本当の狙いは現職のディレクターである漆原Dを落とすことにありました。吉住ADを懐柔したところで、吉住がディレクターになるまで待つとか悠長なこと言ってられないとのことです。

そのためにルビーは、アクアが「今ガチ」の炎上対策で見せた立ち回りを参考に同じ事をしようと考え、炎上しそうな番組に燃やしてくれそうなメイヤさんを連れてきたと、自分のとった行動について語りました。

大体の人は炎上商法を思いついてもリスクを恐れてやらなそうなものですが、そこを実行に踏み切ったルビーは恐ろしいですね。「今ガチ」のように炎上してしまったものを利用するというならまだわかりますが、まだ燃えてないものを意図的に炎上させるというのはタチが悪いです。

ちなみに、ルビーは「こうなったのは偶然」とかすっとぼけたこと言っていましたが、「深掘れワンチャン」が問題のある現場だと知りつつ、そこにメイヤさんが何度か炎上を起こした前科があることを知ってて連れてきてる時点でどう考えても偶然じゃないですね

まあ、わかっていたことではありますが、番組炎上~解決までの流れはルビーが狙ってやったものだったようです。そしてルビーの狙い通り漆原Dに恩を売り懐柔に成功。目的を達成してしまいました。

炎上を意図的に起こす実行力と、それを成功させる立ち回り。ルビーの闇堕ちは何か恐ろしいものを目覚めさせてしまったようですね。

週刊ヤングジャンプ2022年No.41号 【推しの子】第93話より引用

かつてのルビーは…

炎上を利用して漆原Dを落とすことに成功したルビー。

今回の炎上はコスプレ界隈やそれを扱うテレビに対して一石を投じたものになったので、ルビーは「業界改善の手助けになった筈」と、なんなら良いことをしたとまで思っているようです。

これには流石のアクアも思うところがある様子。「それでいいのか?」とルビーに訴えるアクアからは悲痛さが伝わってきます。嘘を吐かない奇麗で真っ直ぐなアイドルを目指していた頃のルビーを知っているだけに、アクアの言葉にも熱が入ります。

しかし、なんとか説得を試みるアクアに対して、ルビーは「この世界で奇麗に真っ直ぐ売れるのは無理だ」とハッキリ言いきりました。

この言葉をルビーから聞かされたアクアの心境は如何ばかりか。直後の表情を見るに、やはり相当ショックを受けているみたいです。筆者としても最初期からルビーを見てきた一読者としてやるせない気持ちでいっぱいです…。

アクアとの問答を終えたルビーは去り際に「すぐに売れてみせる」と宣言。そして実際に急速な勢いで仕事を持ってくるようになりました。その過程で様々なところで亀裂を作ってしまったらしいですが、急激な成長のしっぺ返しにどのような展開が待ち受けているのか、気になるけれどちょっと怖いですね。

もう、あの頃のルビーは戻ってこないのだろうか。アクア兄さん、妹さん何とかなりませんかね…。(あと「無理なんだよ」の時の目が怖い…)

週刊ヤングジャンプ2022年No.41号 【推しの子】第93話より引用

感想/まとめ

ルビーが想像以上に堕ちるところまで堕ちていたことが判明したお話でした。

いやぁ、ショックでしたね…。今回のお話の感想を一言で表すと「こんなルビー見たくなかった」に尽きます。

最初からこんなキャラだったらヤベー奴で済むんですが、純粋に真っ直ぐなアイドルを目指していた頃のルビーを知っていて、さらにそんなルビーの姿が最高にアイドルらしくて大好きだったので、正直今回のルビーの発言の数々は結構効きました…。特に「この世界で奇麗に真っ直ぐ売れるのは無理」とルビーが言いきったのが効きましたね…。私は思っていたよりも明るいルビーに支えられていたようです。

“復讐”だったり”芸能界の裏側”だったりと、割とリアルな世界を描いている【推しの子】に於いてルビーのアホ言動や真っ直ぐなアイドルといった要素は癒しだったのですが、そこを真っ黒に塗りつぶされてしまうともう救いがなくなってしまうような気がします。

もちろん重曹ちゃんやメムさんもいますが、とはいえルビーが歪んだ状態で以前のような和気あいあいとした雰囲気を作れるはずもないでしょう。重曹ちゃんに関してはアクアの件もあるし…。

ていうか、一応【推しの子】はアイドル漫画でもある筈なのに最近アイドルとして全然「B小町」出てこないやんけ!頼むからファーストステージ編のようなアイドル要素を取り戻してくれ。そして疲れた心に癒しをください。

ルビーの闇堕ち直後はアクアが前世を明かすなりなんなりしてルビーをもとの明るいルビーに戻すのかなと期待していましたが、ここまで変わってしまったルビーが今更アクアの前世を知ったところでコロッと以前のような状態に戻るなんてことがあるのでしょうか。まあ、それでいきなり考え方を変えたらそれはそれで切り替えの早さに恐怖を感じそうですが。

これからのルビー、どうなってしまうのでしょうか。どうやらいろいろ上手くやって売れてきてはいるみたいですが、その分各所で亀裂が生じていると不穏な引きでお話が終わりましたからね…。

これから暫くの【推しの子】はちょっと重めのお話が続きそうです。癒しの供給なしにメンタルが保つか少し不安ですが、これからの展開も楽しみに【推しの子】を読んでいきたいと思います。

それではまた次回。

単行本発売中!

【推しの子】 8 (ヤングジャンプコミックス)
「私アクアくんとなら……キスだってHだってやじゃないよ?」 第六章プライベート、展開中!! 星野アクアは、自身の父親の現状を知り、“芸能界”への復讐心は下火となっていた。一方、星野ルビーら新生『B小町』はユーチューブでの人気テコ入れの為、MV撮影を決意!! 2.5次元舞台の慰安も兼ねて、アクアや黒川あかねも帯同して、“...

最新9巻は10月19日(土)発売予定!

【推しの子】はヤンジャン!アプリやジャンプ+アプリなどで読めます!(ジャンプ+は一週間遅れの更新です)

チケットで無料とか、初回無料とか、結構無料で読めるのでおススメです。

【推しの子】 | ヤンジャン!|集英社公式・ジャンプ系青年マンガ誌アプリ
「ヤンジャン!」は集英社公式「週刊ヤングジャンプ」を含むジャンプ系青年マンガ誌総合アプリです。話題の最新連載作品から『キングダム』や『ゴールデンカムイ』などの不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!
[第一話]【推しの子】 - 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+
『かぐや様は告らせたい』連載中の赤坂アカが“2作品同時週刊連載”を開始!横槍メンゴとの豪華タッグで描く舞台は芸能界!![週刊ヤングジャンプでも連載中]

⇐前回のお話                            次のお話⇒

これまでのお話はこちらから

【推しの子】各話一覧
【推しの子】の話数一覧です。話数サブタイトル記事タイトルコミック巻数1母と子新連載【推しの子】感想!赤坂アカ×横槍メンゴのタッグ結成!12兄と妹 【推しの子】第2話感想 赤子に転生した医師のその後は…13ベビーシッター 【推しの子...

コメント

タイトルとURLをコピーしました